« 高知編(4)高知土佐山→須崎市→土佐久礼 59.9km | Main | 高知編(6)四万川中村→足摺岬→竜串 89.8km »

January 20, 2012

高知編(5)土佐久礼→四川万中村 69.7km

【国道56号線】
2

 四国南側の幹線道路国道56号線は土佐久札から海岸線より離れ、山に入っていく。本日も天候はよくなく、小雨が降っている。

【七子峠へ】
3

 道はずっとゆるい登りであったが、だんだんと勾配を増していく。この登りはいつまで続くのだろうと思っていたら、「七子峠まであと3km」との標識あり。
 登り始めから数えて、この峠へは約5kmの距離をかけて登っていく、けっこう大きな峠である。

【七子峠へ】
4

 峠への道は当然ながらずっと登り道であり、雨が降ってるなか体力を消耗させてくれる。

【七子峠】
5

 どんな峠であっても、ペダルを回すうち必ず着くわけで、なんとか到着。
 ここから下りと思いきや、ちょっとした高原みたいな地形であり、平坦な道が続いた。

【鹿島ヶ浦】
10

 道はようやく下りになり、下り切ったところで、ポンと海岸線に出た。
 鹿島ケ浦という湾で、なかなか風光明媚なところだ。
 これからしばらく眺めのよい海岸線に沿って走るが、それからまた山に入っての走行になる。

【また山道】
7

 山道は下りが滑りやすいのでいやなのだが、さいわい午後からは雨は上がり、道路も乾いてくれた。
 本日は、四万十市というところに泊。
 「四万十市」というと分かりにくいけど、四国の旧中村市といえば分かりやすい。有名人がけっこう出ている都市だし。(幸徳秋水とか、中島丈博氏とか、森雛二氏とか)

【鰻白焼き】
8

 四万十市はその名前のとおり、四万十川のほとりにある街で、鰻、ゴリ、川海老、鮎なんかが名物だ。
 今の季節は鮎はいないので、鰻を食おう。
 宿近くの居酒屋に行き、まずは鰻の白焼きを肴にビールを飲む。

【ちゃんばら貝】
Chanbara

 これは高知の名物、ちゃんばら貝。
 貝の蓋が刀みたいな形をしているから、そういう名前がついているそうだが、コリコリした食感がよく、ビールのつまみとしてもgood。

【川海老】
9

 四万十川の川海老を唐揚げで。
 これもじつにビールによくあうつまみである。
 ひたすらビールを飲んだ夜であった。

【四万十川佐田沈下橋】
11

 翌朝は、四万十川名物の佐田沈下橋を見に行った。
 正面から見ると、「沈下橋」らしい侘しさのようなものがある。

 沈下橋は低予算で簡易的に造られる橋で、大雨のときは水没することが特徴である。
 全国に200くらいあるそうだが、そのなかでこの佐田沈下橋が最も有名。おそらく沈下橋にしては、規模が大きいからであろう。

【側面像】
12

 この佐田沈下橋、横のほうから見ると、橋脚はけっこう高くずいぶん立派に見える。
 これが沈下するときって、よほどの大水害レベルが起きたときじゃないの?と不思議にも思った。

|

« 高知編(4)高知土佐山→須崎市→土佐久礼 59.9km | Main | 高知編(6)四万川中村→足摺岬→竜串 89.8km »

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知編(5)土佐久礼→四川万中村 69.7km:

« 高知編(4)高知土佐山→須崎市→土佐久礼 59.9km | Main | 高知編(6)四万川中村→足摺岬→竜串 89.8km »