« 京都編(6) 浜大津→京都市(祇園畑中) 37.1km | Main | 京都編(8) 京都市(晴鴨楼) »

December 30, 2011

京都編(7) 京都市(柊家)

【朝食】
1

 年末年始は自転車には乗らずに、ゆったりと過ごす予定ゆえ、朝食はビールとともにいただく。
 朝から優雅な気分にひたれます。

【柊家】
Photo_11

 八坂神社から四条通り、切り通しと行き、今日の宿、麩屋町通りの「柊家」へ自転車を置きに行く。
 柊家も歴史の長い宿であるが、北海道から自転車でこの宿に来たのは私が初めてだろうな。…って、向かいの俵屋のときでも書いたか。

【錦市場】
2

 京都市内の散策は、京都の台所錦市場を。
 いやはや年越しのために買い物をする人達で、身動きできないほどの人の数であった。
 こういうところに来ると、このときばかりと人が集まる、年末の雰囲気がよく分かる。

【映画:ニューイヤーズ・イブ】
Photo_12

 二条の東宝シネマで、映画「ニューイヤーズ・イブ」を観た。
 ニューヨークのニューイヤーズ・イブ(大晦日)の、年越しイベントを軸にした、数々の人間ドラマを描いた作品。
 本来は明日31日に観るのが適切な映画であろうけど、早く観たかったので本日に。
 この映画、出演者が、ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリー、ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、アビゲイル・ブレスリン、ジョン・ボン・ジョビ…といった名スターがずらりと並び、ギャランティーだけで製作費吹っ飛んでしまわんかい?と余計な心配をしてしまう。
 その名優たちが、年越しという、一年の最も特別な時のなかで、恋愛あり、和解あり、再会あり、といくつもの人間ドラマを演じ、…観るほうにも、「年が明ければ、自分にもいいことがあるのではないだろうか」と、ほのぼのした感動を与えてくれる秀作。
 良かったです。
 ただ、この映画観たせいで、すでに気分は年越しになってしまい、明日の大晦日がどうでもよくなってしまった気がしないでもない。

 映画を観たのちは、柊家に戻る。
 大女将が挨拶に訪れ、いつもながら元気のお姿で、…と言いたいところであるが、いつもの着物姿ではなく、ジャージルックである。
 なんでも先日転倒して骨折してしまい、和服での挨拶はきついとのことで、しばらくこの格好だそうだ。しかし歩く姿にはとくに問題はなく、そして、こういう文化遺産のような人が現役で仕事している姿を見ると、「京都の旅館の精神」のような、尊いものを感じます。

【柊家 夕食】
Photo_13

Photo_14

 京都では慣れ親しんでいる柊家の料理。
 ここの料理は典型的な「京料理の御馳走」。
 独特の華やかさがあり、分かりやすい美味しさがある。
 …ただ、量の多さがきついのがちょっと難。
 御馳走攻撃!という感じもあり、食事が終わるときは、腹いっぱいの満足感に満ち、そのまま一日が終わってしまいます

|

« 京都編(6) 浜大津→京都市(祇園畑中) 37.1km | Main | 京都編(8) 京都市(晴鴨楼) »

旅館」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/54796183

Listed below are links to weblogs that reference 京都編(7) 京都市(柊家):

« 京都編(6) 浜大津→京都市(祇園畑中) 37.1km | Main | 京都編(8) 京都市(晴鴨楼) »