« 京都編(7) 京都市(柊家) | Main | 京都編(9) 京都市(柊家) 元日 »

December 31, 2011

京都編(8) 京都市(晴鴨楼)

 本日は大晦日。
 2011年も本日で最後である。
 日本の歴史にとって、最大級のろくでもないことが次々に起きた年であったが、なにはともあれ本日で2011年は終了である。
 昨日観た「ニューイヤーズ・イブ」ではないけれど、年が変われば、なにか良いことが起きるのではないかとの期待を込めて、新年を迎えよう。

【朝食】
Photo

Photo_2

 柊家での朝食。
 京都の旅館の朝食は、なんといっても湯豆腐であります。
 これに焼き魚、煮しめ、だし巻き、等々、美味しいものが並び、それを肴に朝から飲んでいると、それだけで大晦日が完結してしまいそうだ。

【本因坊発祥の地】
Photo_3

 宿近くを散策し、「本因坊発祥の地」をまず訪れる。
 寺町通りには、囲碁初代名人の本因坊算砂が住んでいた寂光寺塔頭「本因坊」があって、それを記念したモニュメントが一昨年つくられたとのことで、見てみたかったのである。
 通りには、由緒を記した立て札と、それに碁盤が置かれている。季節のよいときに、ここで碁を打つのも風流かもしれない。

 正確な場所はここ

【上賀茂神社 干支】
Photo_4

 それから上賀茂神社に行くと、来年の干支の龍がすでに登場。

【上賀茂神社 人形流し】
Photo_5

 一年の終わりに、人のけがれや罪を記した人形(ひとがた)を、境内のならの小川に流す「人形流し」。
 最初はちらほらと流れる程度であったが、それから、どっと尽きることなきがごとき人形が流されてきて、人の業の深さというか、業の多さに驚かされるなり。

【門松】
Photo_6

 大晦日の宿は、五条大橋近くの「晴鴨楼」。
 立派な門松に注連縄がお出迎えである。

【夕食】
Photo_7

 「晴鴨楼」というから、鴨料理が得意なのかなと思っていたが、鴨料理は出ず。
 旅館の名前は、鴨川に近いから付けられたそうで、鳥の「鴨」とは関係ないそうだ。

【年越し蕎麦】
Photo_8

 大晦日しか食べられない料理、「年越し蕎麦」。
 年越し蕎麦にもバリエーションがあり、けっこういろいろな宿で経験したが、晴鴨楼では京名物「にしん蕎麦」であった。

【八坂神社】
Photo_9

 NHKの紅白歌合戦を眺めながら蕎麦を食うという、日本人の典型のような大晦日を過ごし、さて初詣に行こうかと八坂神社へと行ってみた。
 八坂神社は、火縄を回しての「おけら祭り」があるので、それを見たかったのもある。
 しかし、なんと2011年大晦日は空前の人出であったため、午後11時の時点で交通規制がとられ、それからは神社に入るのは禁止されていたのであった。

【知恩院】
Photo_10

 仕方ないので、それでは知恩院の除夜の鐘を聞いてみようと、円山公園を通り、知恩院へ。そこで、300mを越える行列を見て、これは厳しいかと思ったが、とりあえず並んでみた。
 数十人ずつを入れていく方式で、交通をさばいていたけど、あと1回というところでタイムアップとなり、知恩院には入れず。

 やれやれ、2011年はどうにもついていなかった。
 翌2012年は、このツキが好転することを願いつつ、夜空に響く除夜の鐘を聞きながら、酔っ払いが妙に多い、深夜の喧騒の街をぶらぶらと歩いた。

|

« 京都編(7) 京都市(柊家) | Main | 京都編(9) 京都市(柊家) 元日 »

旅館」カテゴリの記事

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/54820652

Listed below are links to weblogs that reference 京都編(8) 京都市(晴鴨楼):

« 京都編(7) 京都市(柊家) | Main | 京都編(9) 京都市(柊家) 元日 »