«  石川編(1) 富山市→高岡市→七尾市 75.0km | Main | 石川編(3) 珠洲→輪島 47.1km »

November 20, 2011

石川編(2) 七尾→珠洲 88.7km

【能登島大橋】
Photo_5

 雨が降ったり止んだりするなか、能登半島一周に向けてスタート。
 最初の名所は七尾湾をまたぐ能登島大橋である。真下に七尾湾を眺めながら、風景を愛でながらの快適走行、の予定だったが、橋にあがるととんでもない強風が横殴りに吹いていて、斜めに傾けないとまっすぐ走れない。しかも時に凄まじい突風となり、自転車が揺らいでしまう。
 ツーリングバイクは車高が高いし重心も高いので、下手すると風にあおられて、欄干にぶつかり、それを越えて落ちてしまう可能性がある。下は海とはいえ、高度は相当にあるので、落ちればまず命はない。
 非常に危険である。
 それで自転車を下りて、身をかがめて1km近くを押して歩いていく羽目になり、まったく楽しくなかった。

【ツインブリッジのと】
Photo_6

 能登島を半周ほどしてまた橋を渡る必要がある。
 また同じような風が吹いていると大変だなと思ったが、こちらの橋は高度がさほどないせいか、風は弱く助かった。

【雨宿り】
Photo_7

 海から離れて山間部を走るうち、雨が土砂降りとなったので、屋根付きのバス停に避難して雨宿り。
よく降りますなあ。

【虹】
Photo_8

【虹】
Photo_9

 雨があがってからまた走行を開始。
 雨上がりの空には大きな虹がかかっていた。
 平地では大きなブリッジを描き、海では海からすっくと立ち上がっていた。
 夕方の虹は「明日の好天の知らせ」といわれ吉兆のはずなんだが、…予報では明日も雨なんだよなあ。

【旅館:夕食】
Photo_10

【紅ズワイガニ】
Photo_11

 宿泊は珠洲市の谷野旅館にて。
 今の時期は旅館に泊まると、料理はたいていカニづくし。
 この旅館もそうであり、松葉カニは焼きカニ・カニ鍋・刺身で。紅ズワイガニは茹でて。それと香箱ガニ。さらに、カニ茶碗蒸し、カニ味噌汁、カニクリームコロッケ、そしてカニ釜飯で〆。
 カニ、カニ、カニ、カニである。

 たいへん美味しゅうございました。
 しかし、さすがに富山から四日間続けて香箱ガニ食ったりしていると、身体がカニ忌避モードになってきた。
 能登半島を一周したのちは金沢市に入って、有名店の食べ歩きをするので、このままのパターンで夕飯食っていると身体がもたない。
 それで、金沢食べ歩きに備えて、明日と明後日は粗食モードにして、体調を整えようと固く心に誓う私であった。


|

«  石川編(1) 富山市→高岡市→七尾市 75.0km | Main | 石川編(3) 珠洲→輪島 47.1km »

和食」カテゴリの記事

旅館」カテゴリの記事

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/54520158

Listed below are links to weblogs that reference 石川編(2) 七尾→珠洲 88.7km:

«  石川編(1) 富山市→高岡市→七尾市 75.0km | Main | 石川編(3) 珠洲→輪島 47.1km »