« 滋賀編(1) 越前町→敦賀市→彦根市 106.1km | Main | 京都編(1) 浜大津→田谷峠→京都市(俵屋) 45.6km »

November 30, 2011

滋賀編(2) 彦根市→安土城→浜大津 67.2km

【安土城】
1130

 織田信長建築の安土城は日本近世の城郭の嚆矢であり、エポックメイキング的存在なのだが、あんまり観光名所にはなってはいない。じっさいに観光客も少ない。
 そして、行ってみて理由が分かった。

 安土城は、安土山そのものが城塞となっていて、とりあえず訪れるべき信長廟、天守閣跡には登り勝手の悪い石段をひたすら登って、安土山の頂上まで行かねばならない。傾斜も厳しく、道も荒れており、これ、ある程度山慣れしている人じゃないと途中でめげるだろうな。
 それでも、汗をかきかき天守閣跡まで行けば、小高いところから広々とした琵琶湖を見渡せ、「絶景かな」とか言いたくなり、往時の信長公の気分にひたれる。

【琵琶湖大橋】
1130_2

 今日も穏やかな天気であり、自転車日和であってサイクリングして気持ちよい。
 しかし滋賀県は小さな県であり、調子にのって走りすぎるとすぐに京都府に抜けてしまうので、走行距離は67kmに止め、大津市でストップとした。

【湊町倶楽部】
1130_3

 本日は浜大津駅近くに泊。
 ホテル近くの洋食店「湊町倶楽部」で夕食。
 滋賀県名物は「鮒ずし」に「近江牛」といったところ。
 洋食店には鮒ずしはないので、近江牛を食ってみることにした。この店の名物らしい近江牛を100%ミンチにしてのハンバーグをコースで注文。
 肉汁豊かな美味しいハンバーグであった。

 大津に泊まったのち、明日は一気に大阪に抜けようと思ったが、報道によれば京都は紅葉が始まったとのことである。それで、明日は京都に泊まり紅葉見物でもしようかと思った。
 ならば夜は京都で食うことになるが、…鮨を食うか。
 寿司店をいろいろ考えるに、そういえば祇園の「鮨まつもと」で夜に鮨を食ったことはないなと思い、「鮨まつもと」にTELすると空いてるとのことで予約。
 ならば宿はオークラと思ったがこちらは空いてない。それならと。ダメモトで俵屋にTELすると空いてるというので、夕食抜きの片泊まりで予約。

 …しばし考えるに、俵屋で飯を食わぬのも馬鹿な話だと思い、その翌日にも部屋の空きがあるかと聞くと、少ないながら空きがあり、ただちにGet。

 というわけで俵屋連泊して、二日間京都市内を紅葉見物ということにしたが、この秋のオンシーズンに、直前でも俵屋が予約できるとは、ラッキーなことではあったが、日本はまだまだ不況だなと思ってしまった。


|

« 滋賀編(1) 越前町→敦賀市→彦根市 106.1km | Main | 京都編(1) 浜大津→田谷峠→京都市(俵屋) 45.6km »

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 滋賀編(2) 彦根市→安土城→浜大津 67.2km:

« 滋賀編(1) 越前町→敦賀市→彦根市 106.1km | Main | 京都編(1) 浜大津→田谷峠→京都市(俵屋) 45.6km »