« 福井編(1) 山代温泉→東尋坊→越前崎 86.9km | Main | 滋賀編(2) 彦根市→安土城→浜大津 67.2km »

November 29, 2011

滋賀編(1) 越前町→敦賀市→彦根市 106.1km

 福井県にはあと一つ永平寺という名所があり、永平寺を訪れそのまま岐阜に抜けるというルートも考えてはいたのだが、今年は寒気の下りて来るのが早かったため、そのルートでは山間部に雪が積もっている可能性が高く、その場合は自転車走行は困難そうである。
 それで、永平寺はパスしてこのまま海岸線沿いに南下することとした。

 若狭湾をすぐ横に走る国道305線はフラットで道幅も広く、たいへんサイクリングに適した道であった。
 しかしこの道が元有料道路であった「しおかぜライン」に入ると、海に無理やり道路を突き出したような強引なつくりの道となり、それはそれでいいのだが、しかし道幅が狭くなるので途端に走りにくくなる。自動車のことのみ考えて作られた道のようであった。

【福井滋賀県境】
1129

 敦賀市から国道8号線を走り、峠に達すると、ここが県境。
 東北に比べると、西日本に入ってからの県境はどこもたいした高さは登らすに済むので有難い。
 ここをずっと下っていった先は琵琶湖である。

【琵琶湖】
1129_2

 ひたすら下っていき、琵琶湖へと到着。
 琵琶湖を見ての感想は、誰でも同じなんだろうけど、「広い。ただただ、広い」。

 琵琶湖周回の道は近畿でも有名なサイクリングコースなので走りやすいところかと予想していたが、車も多く、整備も今一つで、あまり走って楽しいところではなかった。
 まあ、午前中に走った福井の国道305号線があまりに気持ちがよかったから、その比較で、そう思ってしまった面もあるのではあるが。

【夕食】
1129_3

 ひさしぶりに100km越えのサイクリングを終え、彦根市に到着。
 金沢でグルメ三昧の日々を過ごしたゆえ、胃袋に相当負担がかかっている。それで昨日に続き今日は粗食モードにしようとして、コンビニで弁当を買って済ますかと思っていたが、泊まったホテルの近くにはなんとコンビニがなかった。ホテル自体が辺鄙なところにあったためか。

 それでもホテル近くにラーメン店を見つけたので、ラーメンと生ビールにて夕食。こってり系のラーメンで、あんまり粗食にはならなかったなあ。


|

« 福井編(1) 山代温泉→東尋坊→越前崎 86.9km | Main | 滋賀編(2) 彦根市→安土城→浜大津 67.2km »

自転車旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 滋賀編(1) 越前町→敦賀市→彦根市 106.1km:

« 福井編(1) 山代温泉→東尋坊→越前崎 86.9km | Main | 滋賀編(2) 彦根市→安土城→浜大津 67.2km »