« 林檎畑のなかの洋館 アグリハウス@弘前市 | Main | ふく菜@宮崎市で秋の気配を楽しむ »

August 09, 2011

割烹旅館さつき@浅虫温泉

 青森の奥座敷、浅虫温泉は津軽海峡を望む湾岸の、鄙びたのどかな温泉地であり、しかし、ねぶた祭りのときだけは賑わいを示す地であり、その賑わう時期に訪れた。
 …でも、やはり静かで、落ち着いた、安らぎのある温泉地であった。

【浅虫温泉駅の高架橋からの眺め】
Station

 浅虫温泉は、陸奥湾と、背後の山に挟まれた狭い地に、いくつもの温泉施設が立ち並んでいる。
一種の箱庭的地形の温泉地であり、出歩ける範囲は限られていることから、かえってそこでじっくり過ごせる、そういうところである。

【割烹旅館さつき】
Ryokan

 浅虫温泉駅から歩いてすぐのところに、「さつき」はある。
 客室は8室のこじんまりした、家庭的な宿である。
 入れば、いかにもやる気のなさそうな猫がごろんと寝転がっており、なんとものどかな雰囲気をかもしだしている。

【夕食】
1

2

3

4

 「割烹旅館」と銘打つだけあって、青森の新鮮な素材を用いた、鮮魚系の料理がずらずらと並ぶ。
殻付雲丹、水貝、赤貝、本鮪、牡丹蝦、毛蟹、キンキ…
 海近き宿に泊まり、こういうものを食いたいと期待するものが、ふんだんに出てくる。日常を離れ、宿に泊まったときに食するに、満足度の高い料理だと思う。コストパフォーマンスもたいへんよろしい。

【朝食】
5

6

 朝食も、またよろしい。
 朝食では、津軽名物「味噌焼きホタテ」が出される。
 ホタテの貝殻に載せたホタテの切り身に味噌出汁をくわえ、それに卵をかけて、半熟状に煮立てる。酒の肴としても、御飯のおかずとしても、なかなかの上物である。


 そして料理も良かったが、浅虫温泉もきもちのよい温泉であった。
 軽めのぬるぬるした感触のある温泉で、それが源泉掛け流しで24時間供される。
 静かな海沿いの地で、美味い料理と、気持ちよい温泉で、ここもゆったりした時を過ごしたい、そう思う浅虫温泉であった。

|

« 林檎畑のなかの洋館 アグリハウス@弘前市 | Main | ふく菜@宮崎市で秋の気配を楽しむ »

旅館」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/52517662

Listed below are links to weblogs that reference 割烹旅館さつき@浅虫温泉:

« 林檎畑のなかの洋館 アグリハウス@弘前市 | Main | ふく菜@宮崎市で秋の気配を楽しむ »