« 不思議物件:大善自然公園@六峰街道 | Main | 夏のふじ木@宮崎市 »

July 05, 2011

光洋でシンコを食う@2011年

 鮨の初夏の季節ものといえば、やはりシンコである。
 鮨種の代表コハダの幼魚シンコを食って、ああ初夏だなあと思う鮨好きの人は多いはず。
 そのシンコが光洋に入ったとの情報を得て、光洋へと行ってきた。

【ネタケースのシンコ】
0

 このシンコは福岡の卸しに入ったもので、なぜか福岡で買い手がつかず、それならと急遽宮崎まで送られてきたものである。
 まだ金魚サイズの小ささが問題だったのかな?

【シンコ八枚ヅケ】
3

 金魚サイズゆえ、シンコは8枚づけで供される。
 味は淡く、旨みも乏しいが、それでも、いやそれだからこそシンコの爽やかな香りが口中いっぱいに広がってくる。

【コハダ】
16

 シンコが獲れるときは、漁師はシンコ漁のほうに没頭するため、コハダが入手困難になることが多いが、今回はコハダもあった。
 身の旨み、そして酢と塩の味。
 …まあ、鮨そのものしては、こっちのほうが美味いな。でも、シンコは鮨の祭りみたいなものなので、やはり初夏はシンコを食わねば、すっきりとしない。

【トロメヒカリ】
8

 鮨は美味かったが、肴もけっこう良かった。
 そのなかでももっとも秀逸であったのが、トロメヒカリの塩焼き。
 宮崎県北の名物メヒカリは体長15cmほどの深海魚であるが、このトロメヒカリはそれより二周りほど大きいメヒカリである。
 珍しい魚であり、県北の漁港では本日は二匹しか揚がらず、その二匹を仕入れたとのこと。
 上品な脂と、ホクホクホコホコした身の食感がたいへんよろしい。
 これはメヒカリ以上に名物になれそうな逸品だと思うけど、量が取れないのなら、名物になるのは難しいか。

|

« 不思議物件:大善自然公園@六峰街道 | Main | 夏のふじ木@宮崎市 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 光洋でシンコを食う@2011年:

« 不思議物件:大善自然公園@六峰街道 | Main | 夏のふじ木@宮崎市 »