« 御馳走の記@藍海(宮崎市・中華料理) その1 | Main | 暑さに耐えよう! -真夏日のサイクリング »

June 21, 2011

御馳走の記@藍海(宮崎市・中華料理) その2

【効外油菜遠】
6

62

Serve1

 莧菜(ひゆ菜)の炒めもの。
 中国野菜らしい味の強さと歯ごたえの良さが特徴的。
 これをピリ辛風味の辛子和えと、蟹玉和えの2種類でいただく。
 なお給仕をしている姿が写っているスーツ姿の人物は、シェトランホテルのサービスマンではなく、食事会参加者のリトル・キミヤ氏である。(ビッグ・キミヤ氏のほうは今の時間は光洋で鮨を握っており、ミドル・キミヤ氏は光洋で和食をつくっている。)
 リトル・キミヤ氏は光洋は忙しいのに、時間をもらって食の幅を広げるための勉強に来ているはずなのだが、大皿の料理を見ると、横浜サローネで鍛えた給仕の腕をついつい発揮してしまうようであり、全員に料理を配る。それは、たしかに上手な取り分けかたと、そしてタイミングであった。

【上頂鳳凰燉】
71

72

 手羽先に、挽肉餡とフカヒレを包み、それを濃厚スープで煮たもの。
 控えめに入れられたフカヒレのむにょむにょした食感が面白く、その食感を引き立てるスープと鶏の味がまたよろしい。

【清蒸鮮石斑】
81

82

83

 中華料理のスター、清蒸魚。酒蒸するのは、キジハタである。
 このキジハタの素材が抜群であった。そのまま和料理に使えるような鮮度抜群のものが、強引な中華味付けをされ、それに負けてたまるかというがごとき、本来の旨さを押し出し、じつに見事な料理となっていた。
 本日の文句なしのNo.2といえる、すばらしい美味。

【豉汁燜渡蟹】
91

92

 渡り蟹とマッドクラブの野菜炒め。
 元々、味濃厚な二種の蟹に、これも味豊かな野菜を加えての、強力な料理。
 これは美味い。美味いのだが、さすがに、今までの濃いい料理の流れとしては、疲れてきた。
 本日の食事会は、若手の人は半分ほどであったが、横目で見るかぎり、彼らも疲れていた感じであった。

【揺柱香炒飯】
10

 炒飯はその料理店の核とも言われるが、この薄味で整えた、ハラリとした食感の炒飯は、核そのものといっていいようなもの。
 この炒飯だけでも、この店に来る価値があると思います。

【衣笠茸・浮袋・椎茸のスープ】
12

 料理が始まる前に、スープを最初にしますか、最後にしますか、との問いが店側からあった。
 そう言うからには、これが藍海の最強兵器のはずなのだろうが、最終兵器が最初に来てはそこで終わってしまうというNKさんの提案により、このスープは最後に出てくることとなった。

 はい。ノックアウトです。

 金華ハムの旨みを徹底的に仕込んだスープに、宮崎諸塚産の極上椎茸の出汁がからみ、それを飲んだ人がみな言葉を失ってしまうまでの、広がりと深みのある、…遠い世界へ連れて行ってくれるがごとき、黄金のスープ。
 「藍海」では、御馳走ばかりの料理であったが、そのなかでも最上のものが、このスープであった。

 最初から最後まで、めくるめく豪華な食の世界を経験させていただいた。
 これって、…大阪の「カハラ」以来の経験だな。
 でも「カハラ」がコース23000円なのに比べ、藍海はコース8000円。
 比べてみれば、素晴らしきCPである。
 ただし料理の内容からすると、それなりの大人数で来ないと、このたぐいの料理は出せないようにも思え、そうすると、本日の大人数参加の料理会はじつに正解であったと感心する次第であった。

|

« 御馳走の記@藍海(宮崎市・中華料理) その1 | Main | 暑さに耐えよう! -真夏日のサイクリング »

食生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 御馳走の記@藍海(宮崎市・中華料理) その2:

« 御馳走の記@藍海(宮崎市・中華料理) その1 | Main | 暑さに耐えよう! -真夏日のサイクリング »