« 雨、雨、雨、そして光洋へ | Main | 愛宕山の伝説 -古代史ロマン »

June 12, 2011

天然鰻@光洋

 光洋に定刻を遅れて着くと、すでにカウンターはW氏はじめ、濃いいメンバーで宴もたけなわであった。
 本日のミッション、大雨のなか由布院から持ってきたPロールケーキをW氏およびNKさんに渡すことができたのち、私もじっくりと光洋の肴と鮨を食う。

【天然鰻】
Eel

 今年初めて食べる、天然鰻の白焼き。
 宮崎は鰻が住んでいる川が多いことから、案外と天然鰻は容易に食べることが出来る。そして一部のマニアな人には人気の高い天然鰻であるが、川の天然鰻はそんなに美味いものではないと私は思う。
 しかし汽水域の天然鰻は、香りも歯ごたえもよく、断然美味い。
 今回の鰻は天草産のものであり、厚い皮、筋肉質の身、独自の香ばしさ、三拍子そろった見事なものであった。

【ノドグロ煮漬け】
Nodoguro

 ノドグロは今は旬を外れているはずであるが、なかなかの脂の乗り。
 なんというか、ほんとに近頃は魚の旬がおかしなことになっているなあ。

【赤身】
Tsuna

 本日の鮨は、シャリが新バージョン。
 塩と酢がよく利いて、たいへん鋭い。鋭すぎて、余韻もなにも残らないというユニークなもの。
 こういうシャリが宮崎で受けるかどうかは微妙なところであるが、酒を飲むにはよろしいのではないでしょうか。


 本日のデザートは、私の持ってきたPロールを出してもらい、けっこう好評であった。こういう甘さ抑えめの柔らかな味のケーキは、和食の〆に向いているなと思った。

|

« 雨、雨、雨、そして光洋へ | Main | 愛宕山の伝説 -古代史ロマン »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天然鰻@光洋:

« 雨、雨、雨、そして光洋へ | Main | 愛宕山の伝説 -古代史ロマン »