« 無量塔の朝食 | Main | 天然鰻@光洋 »

June 12, 2011

雨、雨、雨、そして光洋へ

 6月第二週は梅雨前線と低気圧のダブルパンチで、九州北部にはとんでもない大雨が降り、観測史上最大の降雨量を記録する始末。一日で500mmを越えたそうだ。
 この大雨のなか、由布院から宮崎に帰るまでには、所用で熊本に寄る必要があり、雨雲の中の山道を車で行くというハードドライビングを経験する羽目になってしまった。

 いや、すごかった。
 稜線上の山道では雨は横殴りに降り、フロントガラスには雨が突き刺さるように寸断なく降り、まさに滝の中を進むような感覚であった。
 そしてアップダウンの続く道で、ダウンの部には雨水が満ちており、そこに突っ込むと、車全体が水に包まれ何も見えなくなり、非常にスリリングな瞬間を経験する。

 そういう危険な道を行くうち、なんとか山を下り平地を走ると、今度は交通の寸断により、大渋滞にはまったりして、とても疲れるドライビングとなってしまった。

【緑川ダム】
River

 写真は218号線で、緑川ダムの放流のところを写したものである。
 この緑川の増水ぶりもたいしたものだが、白川、五ヶ瀬川、大瀬川の濁流ぶりも、とんでもないものであった。
 そして、この大量の水の流れに耐え、氾濫せずに抑えている、河川の整備もたいしたものだと思った。日本の治水のレベルって、高いですな。


 そういう感想をもちつつ、由布院から大回りをして、延岡に帰り着く。

 本日は宮崎市の光洋で食事会の予定があったのだが、10号線もJRも動かないだろうから、キャンセルだなと思っていたけど、…宮崎に入ると雨の勢いが弱くなった。JRに問い合わせると、平常通り動いているとのこと。
 鹿児島から福岡までの鉄道のラインは麻痺していたが、九州の東側はなんとか動いていたのか。

 ならば、光洋に行ってみるか。
 だいたい由布院からは、この会に備えてのB-speakのロールケーキを4本用意している。賞味期限の短いものゆえ、光洋に持っていかねば、そのままゴミになってしまう。
 というわけで、それなりの雨の降るなか、ロールケーキをぶらさげて、JRで宮崎市までと行った。

 …おれって、タフだなあ、とか思いつつ。

|

« 無量塔の朝食 | Main | 天然鰻@光洋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨、雨、雨、そして光洋へ:

« 無量塔の朝食 | Main | 天然鰻@光洋 »