« 寿司:銀座青空 | Main | 東京風景2011 »

May 21, 2011

天麩羅なかがわ@築地

 東京では天麩羅も食べてみたい。
 昼は、宮崎の食通氏たちのあいだでも特に評判の高い築地の「天麩羅なかがわ」にて。

 まずは海老2匹の天麩羅から。
 カラリと揚がった海老は、芯まで熱が通っているのに、活き造りの食感も弾けて来る見事なレア加減。海老の旨さが最もよく出る揚げ方である。
 そのあとの頭の部分は、また見事に揚げられており、サクサクとした心地よい歯ごたえで食すことができる。

 最初から、店主の天麩羅の技術に脱帽。
 こういうものを食べると、今まで食っていた天麩羅は何だったんだ、とカルチャーショックを受けるほどのもの。

 キスはこれも表面カラリと揚げられ、中はホクホクした白身が衣から湧き出してくる。
 メゴチは魚の身の旨さが熱で凝縮された、旨みのかたまりのようなもの。この魚はじつは刺身でも美味いのだが、天麩羅にするとさらに魅力が増す。
 イカは調理されるものがずいぶんと分厚い。そして揚げると、ほんのり温かいイカは、ねっとりした柔らかい食感が残っている。イカの種類をたずねるとアオリイカで3.5kgのものとのこと。これほどのイカはそうは獲れないと思えるが、やはり入手は大変とのこと。でもこの天麩羅にはこのアオリイカが必要と納得させてくれる、そういう見事なものであった。
 野菜の天麩羅も、またそれぞれの旨さを揚げることによりさらに高めるものである。

【穴子天麩羅】
1

 天麩羅のスター、穴子がまたすごかった。
 揚げたての一本の穴子を、金箸で身を二つに切ると、ホコホコと湯気が上がり、いかにも旨さ炸裂という見た目となる。そして見た目とおりの、豊かにして、旨さ抜群の天麩羅。

【かき揚げ天茶】
2

 〆の貝柱かき揚げは、天丼、天茶、御飯と選べるのだけど、さすがにこれだけ天麩羅をいっぱい食べると、〆はさらりとお茶でいきたい。
 このかき揚げも、食感、旨み、すべてがよろしい。


 天麩羅という料理はまずはネタが大事ということで、地方では、そのネタのいいのが寿司店のほうに行ってしまうので、なかなか地方では天麩羅の良店が育たないという説がある。たしかに本場で食べた名店の天麩羅は、天麩羅とは実はかくなる料理なのだと思い知る、そういうものであった。

 なかがわの店主も、青空店主と同様に30代の若者。昨日青空に行ったときに翌日は「なかがわ」に行きますと言ったところ、仲がいいのでよろしくお伝えくださいとのことであった。業種は違えど、互いに切磋琢磨しあう仲であり、このようにして若い力たちで、東京の食の世界はこれからも進歩していくのであろう。

|

« 寿司:銀座青空 | Main | 東京風景2011 »

和食」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/51757657

Listed below are links to weblogs that reference 天麩羅なかがわ@築地:

« 寿司:銀座青空 | Main | 東京風景2011 »