« 行縢山のミツバツツジ | Main | 人類とともにソメイヨシノは滅びる »

April 03, 2011

延岡桜見ポタリング

 急に暖かくなってきて、桜の花が一斉に咲きだした。桜の名所に行くのもよいが、名も知らぬようなところに咲く花を見るのもまたおつなものと思い、自転車で散策して、それらを訪ねてみることにした。

【大瀬川】
1oose

 鮎が獲れることで有名な大瀬川。川に沿ってぽつぽつと桜の木がある。

【沖田ダム手前】
15_okita

 ダムの周りには桜が植えられていることが多いので、沖田ダムを目指すことにする。沖田ダムの手前に花が満開に咲いている小さな公園のようなものがあったので、そこに寄ってみた。これは見事な咲き具合だ。

【沖田ダム】
2okita

 坂を登って沖田ダムまで行ったが、桜はほとんどなかった。
 水上公園には一本だけ桜が植えられており、せっかくダムまで来たので一枚写真を撮る。

【日枝神社】
3hie

 沖田ダムからは土々呂に向かう広域農道を走った。その途中に小さな神社があり、名前を調べると日枝神社であった。

【土々呂 公民館前】
4totoro

 土々呂港を望む高台に公民館があって、そこに桜が植えられていた。
 右側に海と港が写っているのだが、やや分かりにくいか。

【土々呂 稲荷神社】
5inari

 今のところを少し海側に下ったところに、稲荷神社があった。
 稲荷神社の赤い鳥居とピンクの花のコントラストがなかなかよろしい。

【土々呂駅】
6totoro

 土々呂駅の前には一本桜の木があり、これがけっこう年期の入った、味わいある桜の木であった。

【広域農道】
7farm_way

 土々呂を過ぎ、門川ICのところから日向に向かう広域農道はよく整備されており、かつ自動車がほとんど通らないことから、自転車で走るのに非常に気持ちのよい道である。ここを使い日向へと抜けた。

【道の駅 東郷】
8sidare

 日向からは国道327号線で北郷へと向かう。
 道の駅東郷には立派な枝垂れ桜があるのだけど、まだ花は咲いていなかった。
 後ろに見える山は、冠岳である。

【大内原ダム】
9ouchihara

 耳川につくられた大内原ダムのほとりには桜がずらりと植えられていて、このカーブの具合といい、湖面にうつる桜の色といい、けっこう見事な風景だ。

【和田峠前でパンク】
10punc

 桜を見ながらのお気楽ポタリングであったが、お気楽に走っていてもパンクはする。和田峠を越える少し手前で、石を踏んだせいでタイヤがバースト。やれやれといった気分で、パーキングエリアでパンクの修理を行うことになった。
 私がパンクを修理している途中、停車して「大丈夫ですかあ~。何か手伝いましょうか」と言ってきた車が2台あった。どちらも軽トラで、明らかに地元民仕様である。この界隈の人たちって、親切な人が多いみたい。
 フレンチバルブ式のフロアポンプとかを装備している人なら、すごく役に立つのだろうけど、そういうことはまずないので、「いや、心配かけてすみません。パンク修理なのですぐ終わりますから」とか言って、気持ちだけいただいておく。

【宇納間神社】
11unama

 パンク修理を終えて和田峠を越えた先は宇納間神社。
 桜はほどよい咲き加減であった。

 宇納間神社からは北方経由で延岡へと帰った。
 今日は小雨が降る、あまりよいコンディションの日ではなかったが、それでも走っていて寒くはなく、ようやくサイクリングシーズンの到来である。

 …………………………………
 本日の走行距離 111.7km


|

« 行縢山のミツバツツジ | Main | 人類とともにソメイヨシノは滅びる »

自転車」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

いろんな 延岡の桜を楽しませて頂きました。
同じ桜の花も まわりの風景や木の集まり具合等によって、異なってみえますね。おもしろいです。
 それにしても、走行距離、びっくりしました。車でもかなりの距離ですよねー
 もちおの桜は行きそびれました。

Posted by: ホワイトアスパラガス | April 07, 2011 12:39 AM

ロードバイクに乗り出すと、距離感覚がぶっ壊れしまうのが、自転車乗りの常です。みんな100kmくらいなんちゃなくなりますから。あと、金銭感覚もぶっ壊れてしまいます。

ソメイヨシノはあらゆるところに植えられていますから、それぞれに風情があって面白いです。
それと県北と都城はあんまり条件変わらないでしょうから、母智丘の桜はまだ大丈夫じゃないんですかねえ。母智丘が終わったなら、観音池もありますし。

今週末は、京都に桜を見に行く予定です。
花の咲き具合の条件はぴったりそうですが、天候がいまいちなのが不安です。

Posted by: 管理人 | April 07, 2011 08:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 延岡桜見ポタリング:

« 行縢山のミツバツツジ | Main | 人類とともにソメイヨシノは滅びる »