« 春の安春計  | Main | 京都の夜桜@平成23年春 »

April 09, 2011

京都の桜 @平成23年春

 京都駅を降りては、まずは嵐山方面へと向かう。
 最初の桜見物は法金剛院から。

【法金剛院 枝垂桜】
Houkonngou2

【法金剛院 池】
Houkonngou3

【法金剛院 (黒椿)】
Tubaki

 法金剛院は「蓮の寺」で有名だけど、それ以外にもたくさんの花咲く樹々が植えられていて、今は椿と桜が盛りの時期であった。桜もよかったが、寺自慢の花という黒椿も独特の気品があり、これも大変よかった。
 こじんまりとした寺に、精緻に造られた庭は、それ全てが美術品のようにも思えた。

【大覚寺】
Daikakuji1

 桜の名所、大覚寺。正門前の庭の風景。
 堂々とした門に、玉砂利、苔むす庭、それに満開の枝垂桜。
 寺の桜を見たあとは、寺に付設した日本最古の人工庭園湖と呼ばれる大沢池のまわりを歩いてみる。

【大覚寺 大沢池めぐり1】
Daikakuji2

 能舞台からみる大沢池。夜桜のときの能の舞は、幻想的に美しいだろうなあ。

【大覚寺 大沢池めぐり2】
Daikakuji3

 大沢池周囲にはソメイヨシノがアクセントをつける形で植えられていて、それぞれ趣のある風景をつくっている。

【大覚寺 大沢池めぐり3】
Daikakuji4

 池を半周歩けば、向いに大伽藍を見ることができる。満開の桜の花の窓から、大伽藍を覗いてみよう。極楽のような世界に見えませんか?

【俵屋 蕨餅】
Tawaraya

 法金剛院、大覚寺と嵐山近傍を散策したのちは、いったん本日の宿である俵屋に行き、荷物を置いて、ついでに煎茶と蕨餅で一服。ふるふる・ぷるぷるの食感の蕨餅はいつ食っても美味しいのであった。
 そして東山方面に行こう。

【哲学の道 手前付近 】
Tetugaku1

 銀閣寺の裏の大文字が見えるくらいから桜並木が続く。
 これに沿って歩いていく。

【哲学の道】
Tetugaku2

 京都大学文学部の哲学者が思考をしながら散策をした哲学の道。
 本来は人もまばらな、考え事に適した小径のはずだが、春の桜の時期だけはこのように人だらけである。

【南禅寺】
Nannzennji

 人と桜でいっぱいの哲学の道の終点は、南禅寺。ここも桜が満開である。

【インクライン】
Nannzennji2

 桜の名所の疏水から連なるインクラインもまた桜の名所。
 使命を終えた廃道と、今が盛りの花のコントラストも、またいい。

【円山公園 枝垂桜】
Maruyama

 京都の桜といえば、化け物的存在が、東寺の枝垂桜に、円山公園の枝垂桜。
 今回は円山公園の桜へと行った。
 見事なまでに満開の桜。
 この桜は、一種特別な力があり、妖気とか凄絶感までも感じる。

【円山公園 枝垂桜2】
Maruyama2

 円山公園にはいくつか枝垂桜があり、これはその一本。
 先に紹介した枝垂桜ほどの凄みはないが、普通の、ほっとするような、純粋な美しさがある。

【鴨川】
Kamogawa

 京都中心部に戻ると、鴨川沿いも桜が満開である。
 これはそのうちの三条橋のたもとの、桃色の枝垂桜。

【高瀬川】
Takasegawa

 これは高瀬川のそばのソメイヨシノ。
 満開の桜がはらはらと散り、それが川に落ちて流れて行きます。


 どこを行っても、満開の桜だらけの京都であった。
 桜酔いしそうな桜の群れであり、そして、その酔いが、また現実離れした夢のような心地に誘ってくれ、いつまでも夢から覚めたくないように思いたくなる、そんな京都であった。

|

« 春の安春計  | Main | 京都の夜桜@平成23年春 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

 実に美しいです・・・
どれも 美しいですが、大沢池の桜は、絵画のようです。京都は 紅葉の時期も格別ですが、
何が こんなに 違うものに 見えるのでしょう。まわりの風景がすばらしいから 花がきれいにみえるのか。それとも、花そのもの?
  どちらにしても、大変 結構な花見を、 ブログ上でさせて頂きありがとうございました。夜桜も期待してます。

Posted by: ホワイトアスパラガス | April 13, 2011 07:05 PM

京都は、東京ディズニーリゾートの倍も観光客がやって来る日本最大のテーマパークですから、やはり金と手間をかけて整備しています。山や野にただ桜植えるのでなく、風景を考えながら植えていますので、どこも素晴らしい光景が広がっています。
桜の名所ばかりの京都のなかで、私が一番すごいと思うのは実は醍醐寺なのですけど、今回は時間の都合上行けずに、紹介できませんでした。それが今回はすこしばかり残念です。

Posted by: 管理人 | April 14, 2011 09:23 PM

管理人さん、こちらでもこんばんは!

私も京都で最高の桜は醍醐寺だと思っています。
それから、京都最高の庭園も「三宝院庭園」だと。写真撮影禁止なのが残念ですが。

まだ見ていない庭園で是非見たいと思っているのが「修学院離宮」なのですが、まったく抽選に当たりません(笑)
いつの日か訪れたいものです。できれば紅葉に時期に。

Posted by: あびたろう | April 15, 2011 08:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京都の桜 @平成23年春:

« 春の安春計  | Main | 京都の夜桜@平成23年春 »