« 4月のワイン会@ベルエポック | Main | 読書:十字軍物語(2) 塩野七生(著) »

April 28, 2011

コミック: テルマエ・ロマエIII (著)ヤマザキエリ

 コンビニに行くと、この新刊を含め、ずらりとI巻・II巻が売っていた。ローマ時代の風呂が題材という、極めてマイナー部門のコミックだったはずだが、しらぬまに人気作品となっていたのか。

 I・II巻では、タイムスリップ能力を持った帝政ローマ時代の風呂設計技師ルシウスが、日本の先進的風呂技術を古代ローマに移植していき、もともと風呂好きな民族であったローマ人たちに、さらなる幸せと喜びをもたらすといった物語であったが、III巻ではこれにローマの政治史が加わっていき、さらに物語の幅が広がってくる。

 時代背景はローマの最盛期五賢帝時代であり、ルシウスの実質的なオーナーがハドリアヌス帝という設定がまずよい。ローマの歴代の皇帝のうち「新しもの好き」で芸術家肌の皇帝といえば、第一にこの人だろうから。(ま、ネロ帝もいるけど、ネロ帝の享楽的気質は、真面目なルシウスとはあわないだろうし)

 ハドリアヌス帝の庇護のもと、技師ルシウスは風呂文化を改良させていく。ルキウスによって建てられた風呂はとても気持ちのよいものであり、気持ちのよい風呂は、それだけで人々の心と暮らしを豊かにする力をもっている。こうしてハドリアヌス帝治下のローマは平和と繁栄を享受していくわけだが、なかにはそれが気に食わぬ分子もいて、ルキウスの身にいろいろと事件が降りかかってくる、それがIII巻の主筋である。

 風呂話にしぼったI・II巻とちがって、III巻ではローマの歴史もからんでくるので、ローマ史好きのものとしてはより面白く感じられる。
 そしてIII巻ではハドリアヌス帝に加え、次皇帝アントニヌス・ピウス、その次の皇帝マルクス・アウレリウスもちらほらと姿を出し、どうやらこの物語は長期ものになる雰囲気もでてきたが、さてどうなることであろう。


 (おまけ)
 このコミック、人気は確かなもので、映画化が決定されたそうである。
 技師ルシウス役は阿部寛とのことで、彼のローマ人的風貌はたしかに適役に思える。
 しかし、そうなるとその雇い主のハドリアヌス帝が問題だな。阿部寛より威厳がある、彫の深い風貌の役者というと、役者の選択がそうとうに限られてくる。私が思い浮かべるに、渡辺謙くらいしか思いつかんが、…さて誰が選ばれるのか。

…………………………………
テルマエ・ロマエIII

|

« 4月のワイン会@ベルエポック | Main | 読書:十字軍物語(2) 塩野七生(著) »

コミック」カテゴリの記事

Comments

なんとこの漫画、天もチョー面白く読ませていただきました。息子が「お父さん、この新人は凄いよ。」と進められて。タイムスリップものは陳腐と思っていたが発想しだいですね。。。

Posted by: 天ちゃん | April 30, 2011 05:02 PM

お風呂文化自体がきわめて珍しいもので、世界中で風呂を好む民族は、日本人と、それにかつての古代ローマ人だけなのであります。
そこで古代ローマと日本を関連させて風呂漫画が始まったのでしょうが、ローマは、物語の宝庫みたいな時代ですので、それでローマ文化も語るうち、物語この漫画、まだ続きがあるようですが、ハドリアヌス帝の次のアントニス帝の時代は、平和すぎで何もドラマがない時代なので、ここからが作者の腕の見せ所になると思います。

Posted by: 湯平(管理人:コメント欄で管理人を名乗るの変なので、そろそろHNに名前をしようと思ってます) | April 30, 2011 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コミック: テルマエ・ロマエIII (著)ヤマザキエリ:

« 4月のワイン会@ベルエポック | Main | 読書:十字軍物語(2) 塩野七生(著) »