« 前原外相が辞任したわけだが | Main | 神話的光景と自省 »

March 11, 2011

天災の驚異と恐怖

 延岡で午後にサイレンが鳴り響き、火災警報かなにかと思っていたら、津波の警報であった。
 昨年にも津波警報があり、日豊本線が不通になったりして大変ではあったのだが、津波じたいはたいしたことはなく、今回もそのたぐいと思っていたのだけど …NHKで実況中継される宮城県名取市の、津波に田畑と住宅地が飲みこまれていく映像をみて、言葉を失ってしまう。

 その後も次々に届けられる、街が壊滅していく、衝撃的な映像をみると、改めて私たちの住む国が、いかに危険なところかということを思い知った。

 この大震災は、間違いなく戦後最大の災害となるであろう。
 夜が明けたとき、いかなる悲惨な光景が広がっているか、考えるだに恐ろしい。

 そして津波警報はまだ解除される気配もなく、今夜は徹夜でTVを見ることにする。

|

« 前原外相が辞任したわけだが | Main | 神話的光景と自省 »

時事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天災の驚異と恐怖:

« 前原外相が辞任したわけだが | Main | 神話的光景と自省 »