« How to 葬式 | Main | 春への準備 »

March 24, 2011

親父の仏壇

 祖父の家には仏壇があって、祖父の死後は長男である親父の家に仏壇がうつってきた。仏壇というものは、大きくて部屋のスペースを取り、また重くて移動も困難であり、現代的な家にはなじまない。また仏壇があれば、日々線香を焚かねばならず、定期的に法事が営まれることもあり、無宗教の者にとっては、ずいぶんと厄介なものになる。

 私は長男であり、流れとしては仏壇がそのうち私のもとにやってくるのは明らかだ。無宗教者であり、筋金入りの物ぐさ者の私としては、まっぴらごめんと言いたいところである。それをさけるには、弟に押しつけるという手もあるが、弟も私と似たようなやつであり、引き受けることはありえない。
 そういうわけで、私は親父に「仏壇は親父の代で終わりにして、処分するよ」と宣言していた。親父はふふんと笑い、それでいいよと答えていた。

 ただ私の目からは、親父はそんなに信心深い者には思えず、寺に参ることもほとんどなく、家に仏典やら経の本などがあるわけでもなかった。しかし、仏壇は大事にしており、日々線香を焚き、供物をそなえ、そして命日にはお坊さんをよんで経を唱えてもらっていた。

 よほど仏壇の好きな男と、私は勝手に思いこんだまま、そのまま月日は流れ、やがて親父は亡くなった。
 ところで親父の通夜で、親戚の人たちと夜通し思い出を語りあったのだが、そのとき少しばかり意外なことを知った。親父と祖父はとても仲がよく、親父は祖父をとても好きだったそうだ。息子の私には、親父は祖父の悪口のほうをおもに言っていたので、そういうものだと思っていたのだが、同時代を生きてきた親戚たちの言うことのほうが正しいであろう。

 そして仏壇の謎も分った気がした。

 人は死ねばゴミになる、とは言うが、そう単純なものでもない。
 肉体としての人が死んだとしても、人の思い出に残っている限り、その人は生きている。人が本当に死ぬのは、人々から忘れ去られてしまった、そのときだろう。

 親父は祖父をとても好きだった。
 だからこそ、日々仏壇に手をあわせ、線香を焚き、供物をそなえていたのだろう。亡き人とこの世の人を結び、心にとどめておく縁(よすが)として、仏壇への祈りは、もっとも親父にとってふさわしいものであった。

 そして、仏壇って、本来そういうものなんだろうな。

 どうやら、我が家の仏壇は、やがては私が持っていくものとなりそうだ。

|

« How to 葬式 | Main | 春への準備 »

雑感」カテゴリの記事

Comments

いい話ですな~
心温まります マジで・・・・

私も両親 大事にします

Posted by: キヨシ | March 25, 2011 09:52 PM

年老いた親が亡くなるのは生物学的に自然なものとはいえますが、いざ亡くなると、いろいろと思うことがあります。ああ、あのときこうすればよかったとか、とかあのときこう言えばよかったとか。
このエッセイもじつは親父に対する鎮魂歌のようなもので、これでそういう思いに一区切りつけようかな、という感じで書きました。

Posted by: 管理人 | March 25, 2011 11:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親父の仏壇:

« How to 葬式 | Main | 春への準備 »