« 寿司:冬の大海寿司@別府市 | Main | 大崩山ミステリ -携帯電話の性能について »

February 13, 2011

雪の由布岳

 2月になって暖かくなり、九州の雪山シーズンは終了かと思っていたら、2月11~12日に大雪が降り、もう少し雪山を楽しめそうなので、由布岳に登ってみた。

【由布岳】
Start

 正面登山口から眺める由布岳。本日の予報は曇りであり、由布岳山頂近くにはガスがかかっている。このガスの晴れ具合で、どう登るかを決めることにしよう。

【樹林帯へ】
1

 登山案内板のあるところから樹林帯に入って、登りが始まる。

【登山道】
2

 樹林帯のなかの登山道は雪で満ちていた。
 雪が降り積もり、風景が白一色になると、上下感覚がふっと怪しくなり、浮遊感を感じたりする。
 これも雪山の魅力の一つである。

【由布院盆地】
Yufuin

 樹林帯を抜けると、灌木帯をジグザグに登っていく緩斜面になる。
 ここからは由布院盆地全体がよく見えて、とても眺めのよい道である。

【マタエ】
3

 登山道を登りつめ、由布岳噴火口にたどりついたところがマタエである。
 ガスがうまい具合に晴れてくれて、東峰も西峰もよく見える。これは火口の周回路からの展望も良さそうだ。それで西峰から登り、火口周縁を伝って東峰へ向かう、由布岳お鉢巡りをすることにした。

【登山道】
4

 西峰への最初の鎖場を登ったところから、雪道にはまったく足跡がなかった。
 この連休、西峰には誰も登っていないようである。
 膝まで埋るふかふかの新雪で満ちた道を、えっちらえっちらと進んでいく。

【障子戸】
5

 西峰へはこの険しい岩壁を登ることになる。
 鎖が要所要所にかけられているので、見た目ほどの難所ではない。
 ただ本日はアイゼンを装着しているので、アイゼンを岩にひっかけないように注意して登っていく。

【西峰山頂】
6

 西峰山頂までは雪道に動物(たぶん鹿)の足跡がついていた。餌もなにもないようなこの季節に、なにを求めて彼はこの険しい道を伝い、山頂まで登ったのであろうか?

【お鉢巡り1】
7

 お鉢巡りのルートは誰も入っておらず、そのままの新雪がどっさり積もっている。
 登山道も雪に埋もれているけれど、ときどき標識をみることができ、下り道のだいたいの方向が分かる。

【お鉢鞍部】
Ohachi

 西峰からお鉢の最下部まではけっこうな傾斜があり、雪もどっさりあることから、ちょっとしたゲレンデ状態。腰を雪面におろしてシリセードを多用し、雪道を滑りおりていった。おかげで私が経験するこのルートの最短の時間で鞍部まで到着。
 鞍部から眺めるお鉢内部の風景は、霧氷と雪で、白一色の世界である。

【お鉢巡り2】
8rock

 お鉢巡りのルートは雪がたくさんで、登山道はだいたい雪に埋まっている。その雪のなか歩きやすいところを適当に選んで進んでいくわけだが、鞍部からは大きな岩に突き当たる。
 え~と最初の岩は直登して、次の岩は右に巻くんだったよなとか、以前の記憶を思い出しつつ、誰の踏み跡もない新雪の雪面を進んでいく。
 振り返れば雪面には私の深く掘れた足跡が続いている。まさに「僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる」の世界である。

【ミニモンスター】
9_muhyou

Muhyou2

 岩場を越えてからはさらに雪の量が増し、そして灌木にも霧氷がこれでもかというくらいについていて、ちょっとしたモンスターに育っていた。

【剣ガ峰~東峰】
9

 剣ガ峰に登っていく途中、お鉢巡りの稜線上に人が一人突然現れていることに気がついた。
 どこからか降って来るわけはないので、東登山口から稜線に登って来た人なのでしょう。
 写真が趣味のようで、私と同様にところどころ立ち止まり、デジイチで写真を撮りながらの登山である。

 ちなみにその人もwebページをもっていて、この時の山行記録がUPされていた。そのなかにお鉢巡り中の登山者とのことで、私の姿も遠景で写っている。山での近景はともかく遠景写真は珍しいので、ちょっとうれしかった。

 お礼にというわけでもないが、氏の遠景写真を私もUPしておこう。

【拡大図】
11_large


 剣ガ峰手前から東峰は雪のないときでもルートファインディングが難しいのに、雪があるとさらに分かりにくく、そしてここらはいいかげんに進むと両側断崖絶壁であり落ちると命が危ないので、慎重に進んでいき、そして東峰に到着。

【東峰山頂】
12_sumitt

 東峰の標高は1584m。西峰の標高も1584mと書かれており、まったく同じである。本当かね、といつも私は疑問に思っている。
 ちなみに東峰は、写真の右に写ってる岩が三角点よりも1mほど高いので、本当の標高は1585mくらいでしょう。

【帰りの登山口】
13after

 下山は元来た道を引き返していく。
 登山口近くに着くと、雪はだいぶと溶けてしまっていた。
 今日はさして寒くなかったからだろけど、九州じゃ雪の寿命は短いなあ。

 さて、今後寒波はどれくらいくるのであろうか。
 2月中にあと1回くらいは来てもらいたいものだが。

|

« 寿司:冬の大海寿司@別府市 | Main | 大崩山ミステリ -携帯電話の性能について »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の由布岳:

« 寿司:冬の大海寿司@別府市 | Main | 大崩山ミステリ -携帯電話の性能について »