« サイクリング:祝子川温泉~長野峠 | Main | 雪の由布岳 »

February 12, 2011

寿司:冬の大海寿司@別府市

 別府に泊まったついでに大海寿司へと行った。
 突出しはフグの煮凝り。肴は微かに煮たタコ、関サバ、赤貝。赤貝は、豊前海で取れたものである。

【赤貝】
Akagai

 身、ヒモ、ワタ。ワタはポン酢で食べる。
 豊前海の赤貝は、赤貝そのものの味はさほど濃厚ではないが、軽やかな潮の香りと、爽やかな風味がたいへんよろしい。

 肴が一通り出たところで、なにか追加はありませんかとたずねられたので、フグを頼んだ。そうすると、店主は水槽のなかで悠々と泳いでいたフグを一匹網ですくい取り、あわれフグ君はまな板のうえへ直行。
 …これって、前来たときオコゼを追加で頼んだときと同じパターンだな。
 大海寿司では追加を頼んだなら、ネタケースから来るのでなく、水槽から来るのであった。

【フグ刺し】
Hugu

 当然フグ刺しは活き造りで出てくる。
 フグ刺しは1~2日寝かせて熟成して薄造りにしたものに限る、と私は思っているわけだけど、たまにはこれもいいか。
 活き造りゆえ、弾力が強く、そして甘みも特徴的。熟成したフグの噛めば噛むほど味がしみだしてくる、といった感じとは異なり、甘みと、それに「フグの元の味」が噛めば噛むほど口のなかに広がってくる。

 フグ刺しのあとは鮨にと移る。
 イカ、イカミミ、タコ、軽く〆た関サバ、海老、ウニ軍艦、フグ、穴子等々。
 どれも美味しかったけど、とくにフグが絶品。フグの身に煮凝りを載せた鮨は、二層、三層に味を重ねていく、複雑にして、しかしまとまりのいいもの。こういうフグの鮨は初めて食べた。

 鮨を一通り食ってお茶を飲んでたころ、ふらりと入って持ち込みのワインを飲んでいた常連さんから、このワインは美味いからどうぞと、一杯いただいてしまった。なかなかいいワインであった。どうもありがとうございました。


 別府の大海寿司は、大分の海の幸を存分に知りつくした夫婦の切り盛りする、美味しい寿司屋である。
 今度は城下カレイのときに訪れてみようかな。

|

« サイクリング:祝子川温泉~長野峠 | Main | 雪の由布岳 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寿司:冬の大海寿司@別府市:

« サイクリング:祝子川温泉~長野峠 | Main | 雪の由布岳 »