« 映画:アンストッパブル | Main | 洋食:らんぷ亭@宮崎市 »

February 20, 2011

登山:雪の大船山

 そろそろ寒さが緩んできて、山々の雪は溶け始めているけれど、ライブカメラでみる九重にはまだ雪が残っているようである。それならば、「雪に埋もれた坊がつる」が見られるかもしれない。
 長者原から坊がつるを経由して大船山に登ることにした。

【登山道】
1_way

 長者原には雪は積もっていなかったが、湿原を抜けて、雑木林になるところで雪道となっていた。

【雨ヶ池】
2_amagaike

 雨ヶ池はそこそこの雪の積もり具合である。
 最も雪が積もっていた時期は、白い雪景色のなかに木橋が浮かぶ「雪ヶ池」となっていたであろうが、今はだいぶと溶けてしまっている。

【坊がつる】
3_bougaturu

 久住、大船に囲まれた盆地「坊がつる」。
 ここが一面真っ白になっている姿を期待していたのだが、残念ながら雪の多くは溶けてしまっていて、枯れ草のほうが目立っている。
 これはこれで味のある姿ではある。

【登山道2】
4_way

 坊がつるから大船山の登山道に入る。
 さすがにここはまだ雪が多量に残っており、登山道は雪で50cm以上底上げされており、いつもとまったく違った雰囲気の登山道になっていた。

【段原】
5_danibaru

 尾根を登りつめて稜線に出たところが段原である。
 ここからは、近くには久住,三俣、遠くには阿蘇、祖母、由布岳と四方に素晴らしい眺めが広がっている。頑張って尾根を登った人だけが楽しめることのできる絶景である。

【久住~三俣】
6_kujuu

 頂上直下から見る、久住から三俣山にかけての山々の姿。
 雪をまとった峰々は、普段よりも峻厳さを感じさせる。中央には硫黄岳が噴煙を上げている。九重は活火山なのである。

【大船山山頂】
7sumitt

 頂上は吹きさらしなので、雪はまったく残っていなかった。
 寒いときはこの標識に海老のシッポがついたりしているのだが、本日は気温は高めであり、そのようなものはなく、霧氷もほとんどが溶けていた。

【御池】
8_pond

 本日の目当てのもう一つは、この御池。
 まだまだしっかりと凍っていた。
 冬の特定の時期、九重の最も奥深い山の山頂に、このような神秘的な風景が広がっているのである。

【御池2】
9_pond

 御池まで降りてみる。
 池は中央まで凍っていて、すべて歩くことができた。
 スケート靴を持参すれば天然スケートを楽しめるのだろうけど、…そういうことをする人を私は見たことがないなあ。

 御池の凍った池を歩いたのちは山頂に戻り、元来た道を使って下山した。
 それなりに雪の九重を楽しめた登山であった。
 さて、寒波は今後来るのであろうか?
 来なければ、今週末で九州の雪山は終了といったところか。


|

« 映画:アンストッパブル | Main | 洋食:らんぷ亭@宮崎市 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 登山:雪の大船山:

« 映画:アンストッパブル | Main | 洋食:らんぷ亭@宮崎市 »