« 私の好きな絵(3): 北極星号 (作)カッサンドル | Main | 雪の大崩山 その3 »

January 21, 2011

カッサンドラの悲劇

Laokoon


 前エントリで紹介した画家カッサンドルはペンネームであり、ギリシャ神話に登場するトロイの王女カッサンドラからその名をとっている。

 王女カッサンドラは悲劇的人物であって、予知能力を持ちながら、誰もそれを信じず、自分の国と自分自身が滅びる未来を見ながらも、それを変えることができずにその予知とおりに滅びてしまった。

 カッサンドラがなぜ予知の力を持ったかと言えば、太陽神アポロンの仕業である。カッサンドラは可憐な美少女であり、彼女に惚れたアポロンは何度も言い寄るのだけど、純情なカッサンドラはそれを受け入れようとしなかった。
 業を煮やしたアポロンは自身が持つ予知能力を分けてあげるから、私のものになりなさいと迫り、予知能力をカッサンドラに与えた。アポロンのものになる決意をしたカッサンドラではあったが、その予知能力をもらった瞬間、将来アポロンに捨てられる自分の姿を予知して、ただちにアポロンから逃げ去ってしまう。
 プレイボーイのアポロンが純情な娘にそういう能力与えりゃ、そういう結果になるのは目に見えているのであり、アポロンはなんともまぬけな神様であるが、主神ゼウス以下ギリシャの神様は皆だいたいそういう感じである。

 自らのまぬけさが招いた当然の結果なのに、アポロンは己の愚かさを反省することはなく、カッサンドラにたいそう腹を立てた。そして、いったん与えた能力は奪うわけにはいかないので、その代わり「カッサンドラは予知能力はあるけれど、誰もその予知を信じない」という呪いをかけた。
 たかが小娘に与えた能力にそのような呪いかけるとは、神様にしては、ずいぶんと器量の小さい話に思えるが、主神ゼウス以下(…以下略)。

 こうしてカッサンドラはいろいろな未来を予知するのであるが、トロイの人はだれもその予知を信じることはなかった。

 彼女はそれでもトロイの運命を決めるような事態のたび、それをやってしまえばトロイは破滅すると、己の予知を主張するのであるが、人々はカッサンドラを嘲笑するだけで、その予知を信じようとはせず、やがて予言通りにトロイは滅びてしまった。

 さて、神話ではカッサンドラの予知予言が人から信じられなかったのは、アポロンの呪いのせいであるということになっている。説明の難しいもの、なんだかよく分からないこと、運命にせいにするしかないもの、とかを「神様のせい」にするのはギリシャ神話の特徴であり、これもそのたぐいなのだろうが、トロイ物語を現代的思考で読めば、カッサンドラの予言を人々が信じなかった理由は神のせいにせずとも、はっきりしている。

 カッサンドラの予言を人が信じなかったのは、カッサンドラが悲劇ばかり予言していたからである。
 人間というのは、自分が聞いて嫌なこと悲しいこと辛いことは、信じたがらない存在である。とくにトロイ物語のように、戦争がからむと、人々はこちらが勝って当然との景気のいい話ばかりを信じたがり、冷静な「これじゃ負けますよ」というふうな意見は、それこそ売国奴の意見とばかり、怒号とともに排斥するものだ。
 カッサンドラは、負けます、破滅しますというふうな予言ばかりしていたので、人から嫌われ、疎外され、その予言はなんの役にも立たなかった。

 社会とは度し難い人たちの集まりであり、たとえ正確無比な予知能力をもっていたところで、それを役に立てるには技術がいる。

 カッサンドラは何度も予言をしては、それを信じさせられずにいたので、少しは学ぶべきであった。
 彼女の予言の帰結は、トロイと、それに自分自身の破滅を示していた。それならばそれを防ぐ努力はしなければいけない。

 トロイの破滅は、馬鹿王子パリスとスパルタ王妃ヘレナとの不倫愛に始まる。カッサンドラはそれを予知し、パリスの王家復帰やギリシャ行きを、トロイが破滅するからと反対するのだが、誰もそれを信じない。
 ならばカッサンドラは、パリスがいかにいい加減で、自分のことしか考えない男ということを、きちんと情報を集め、そういう男にトロイの命運をかけるようなことを任せてはいけないと、説得力をもってみなに説明するべきであった。
 それが出来ない、あるいは失敗したなら、こっそり夜中にパリスの部屋に忍び込み、寝首を掻いて、トロイの悲劇の元凶を断つべきであった。

 カッサンドラは、完璧な予知能力をもっていたので、その時は仁義に反する、あるいは人道にもとる行為でも、彼女は確信をもってそれを行える資格をもっていたであろう。
 しかしカッサンドラは、自分の予言を誰も信じないことを嘆くのみで、トロイの破滅の道を止めることはできなかった。

 10代の小娘にそのようなことを望むのは酷ではあろうが、いちおう能力を持つものには、それなりに責務というものがあるのである。


 ここでいきなり話は現代に戻る。
 ちかごろ政治が動いているけれど、菅首相は財政再建について本気モードに入っているようだ。
 菅首相は自分が政権を担当することになって、あまりの日本の財政破綻ぶりに恐怖を感じ、消費税増税を画策している。
 「少子高齢化が進む日本では、現役世代のみに社会負担を任せていては、社会保障が成り立たなくなる。文明国家として社会保障は維持しないといけないので、その財源は消費税増税によって得るしかない。これを成功させないと、日本は破滅する」
 との日本破滅の予言を宣言して、この計画に野党が参加しないなら、それは歴史への反逆とまで言いきっている。

 間違いだらけの民主党の政策で、これは正しい。予言として、まったく間違っていない。
 ただしギリシャ神話の昔から、正しい予言が受け入れられるのは、きわめて困難と話は決まっている。とくにこのように増税という誰もが嫌がることが付随する予言なんて、誰も聞きたくないし、信じないであろう。

 じつは、トロイに限らず、国が滅びるときには、それを見通すことのできるカッサンドラは幾人も出現した。しかし予言のできるだけのカッサンドラには、悲劇を回避する力はなく、カッサンドラはその存在じたいが個人的悲劇といえた。

 平成の日本、菅首相が、ギリシャから続く、カッサンドラの系譜につながる人物になってしまうのか。それとも、ここで人々の予想を覆す胆力を菅首相が発揮して、日本を破滅から救うのか。

 その結論は、あと数年で知ることができる。

 ………………………………………
 (おまけ)
 冒頭の彫像は、トロイの神官ラオコーンの像。
 カッサンドラとこの人のみがトロイの木馬の城内搬入を反対し、それゆえ命を失った。
 周囲が過激な主張で盛り上がっているときに、冷静で正しいことを主張するのが極めて危険な行為であることは、今も昔も同じなのである。

|

« 私の好きな絵(3): 北極星号 (作)カッサンドル | Main | 雪の大崩山 その3 »

雑感」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

Comments

またまた、識らないことがいっぱい。
読むのが愉しみです。

Posted by: ちらり~ん | January 24, 2011 04:57 PM

歴史ものは、気分しだいで時々載せていきます。
愉しみにしていただき、更新の励みになります。

Posted by: 管理人 | January 24, 2011 06:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カッサンドラの悲劇:

« 私の好きな絵(3): 北極星号 (作)カッサンドル | Main | 雪の大崩山 その3 »