« 雪の京都(3) 元日 | Main | 俵屋 御節@二日目 »

January 01, 2011

俵屋 元日

【翠1】
1

【翠2】
2

 元日の部屋は、「翠」にて。
 この部屋は伝統的日本家屋の造りの印象が強く、どちらかといえば柊家の本館に似たものを感じる。そのなかで強い個性を放っているのが、三和土に置かれた行燈。部屋のなかのどこかれでも目立つ意匠であり、磨きぬかれた硝子に明かりを灯した姿が重なり、庭を背景にした万華鏡のようにも見えて、とても面白い。

【書斎】
3

 翠には小さな書斎が用意されていて、姿よき庭を眺めながら、ぼんやりと読書や書き物などができる。心地よい空間である。

【祝膳】
1_ise_lobster

 正月の夕食として、まずは新年を祝っての祝膳。
 伊勢海老の黄金焼きである。添えてある唐墨や慈姑、人参の朱色と金色もあわせ、いかにも目出たい料理だ。

【向附】
2fugu

 造りはフグの薄造り。
 色鮮やかな皿の絵模様が、フグの薄造りより透けて見え、これもなかなか目出たい。

【御凌ぎ】
4himezusi

 御凌ぎとして手毬鮨。海老に煮蛤、それに椎茸の雛鮨。
 遊び心も感じられる、可愛らしい料理である。

【焼物】
3_managatuo

 抜群の素材の真魚鰹に、淡く西京味噌で味を調えて焼かれた、この料理は俵屋の凄さを物語るものだ。味加減、焼き加減、すべてが完璧。一口食えば、もうノックアウトの世界。

【強肴】
5mnoroko

 子持ち諸子を蓮根にのせたものを南蛮酢で和えて。
 これもまた正月らしい、目出たい料理。祝いの御節料理を夕食風にアレンジしたようなものでもある。

 美味い肴に、酒をビール、ワイン、清酒とちゃんぽんにして飲みまくり、平成23年度もしっかりと酒を飲むことから始まるのであった。

【アーネスト・スタディ】
Sato_room

 夕食のあとは、ひさしぶりに二階のラウンジに寄ってみた。アーネスト・サトウ氏の使っていた書斎なのであるが、屋根裏的雰囲気のある、ふしぎと落ち着ける空間である。
 机の上のパソコンがいつの間にかMacからWindowsに変っていた。部屋の感じからすると、Macのほうが似合うと思うのだが、userがこちらのほうが多いだろうから、そうなったのでしょうな。

【オークラホテルにて】
Okura

 そのあと、寒いなかホテルオークラまで行って、トップラウンジでカクテルを飲むことにした。
 京都の夜景を高きところから眺めながら、マティーニを飲む。なにか優雅な気分になる。
 この店のツマミは漬物が出てくるという独創的なものであったが、いつのまにか普通に乾きものになっていた。
 俵屋のパソコンの件といい、しらぬまに世は動いているのだなあ。

 それにしても、午後11時近いということもあったのだろうけど、この広いラウンジに客は他にいなかった。
 大晦日と違い、元日の夜はそんなに京都の人は出歩かないみたいであった。

|

« 雪の京都(3) 元日 | Main | 俵屋 御節@二日目 »

和食」カテゴリの記事

旅館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/50548621

Listed below are links to weblogs that reference 俵屋 元日:

« 雪の京都(3) 元日 | Main | 俵屋 御節@二日目 »