« 虹伝説 | Main | 雪のブルターニュ村 »

December 28, 2010

ふじ木@宮崎市でフグを食う

 寒くなるとやはりフグである。テッサにテッチリ、白子焼、唐揚げにフグ雑炊。冬の風物詩フグを食わねば、冬を迎えた気はしない。そういうわけで、ふじ木でフグのコース料理を食ってきた。

【煮凝り】
1

 フグ料理の始まりとして定番の煮凝り。
 見事な細工もののようなきれいな一品。

【フグ皮湯引き】
2

 これもフグ料理序盤の定番、フグ皮の湯引き。
 コリコリ、ムニョムニョ、いろいろな歯ごたえが楽しめる。

【フグ刺し】
3

 フグ刺しは1日半寝かせて熟成させたものを、やや厚切りにして。
 フグは白身なのに、旨みたっぷりという面白い魚だが、このフグはとくに過剰ともいえるほど旨みが印象的。口のなかにフグ独自の旨みが噛めば噛むほど広がっていく。

【白子焼】
4

 まだ白子は走りの季節なのだが、ふじ木のフグは4kg大の良モノが入ったので、白子もほどよく熟れている感じである。
 パリッとした皮のなかに、とろ~りとした豊潤にして澄んだ味の白子がつまっている。

【唐揚げ】
5

 揚げたてのフグ唐揚げは熱々のうちに、はふはふとむさぼって食いましょう。
 いやはや、美味です。

【白子のシャブシャブ+フグ皮】
6

7

8

 ふじ木のスペシャル料理である「白子のしゃぶしゃぶ」。
 白子をさらりと湯にくぐらして、自家製ポン酢で食べる。食せば、白子の旨みがさらに引き上げられていることが分かる。食べていて、ついつい頬がゆるんでしまう。
 またフグ皮も丁寧に削がれた3種類のフグ皮が出され、それぞれの個性ある味を楽しめる。とくに本皮はゼラチンたっぷりで、歯ごたえも、うまみも十分である。

【フグ鍋】
9

10


 今回のフグはサイズが大きかったこともあり、とくに鍋でその良さが目立っていた。ぶつ切りにされたフグの身は弾力もよく、また味もしっかりしており、私はフグですと思いっきり主張しているような、フグフグした鍋であった。

【フグ雑炊】
11

12


 フグの旨みと香りをたっぷりしみ込んだ出汁でつくられる雑炊は、フグ料理の〆として貫禄十分にして、看板ともなる料理だ。
 むせかえるようなフグの香りをかぎながら、この鍋いっぱいの雑炊を、しっかりと食わせていただきました。

 やはり冬はフグから始まる。
 今年はふじ木の素晴らしいフグ料理から始まり、なんか幸先よい気分だ。

|

« 虹伝説 | Main | 雪のブルターニュ村 »

和食」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/50432029

Listed below are links to weblogs that reference ふじ木@宮崎市でフグを食う:

« 虹伝説 | Main | 雪のブルターニュ村 »