« 寿司屋のマグロ@紫光 | Main | 鮨匠のむら@11月 »

November 13, 2010

霧島池めぐり

 霧島のえびの高原にはビジターセンターを出発して、3つの池をめぐりながら一周する自然歩道があり、紅葉見物がてら歩いてみた。

【不動池】
1_fudou

 ビジターセンターから歩いてしばらくすると、この不動池がある。
 霧島の紅葉は中腹が旬であって、車からながめる景色はきれいであったけど、この高さ(=1250m)にいたると紅葉はもう終盤というところであった。

【遊歩道】
2

 池めぐりとかいいつつ、この自然歩道は甑岳にも道が伸びているので、まずは甑岳を登ることにする。
 遊歩道にはこのように紅葉の落ち葉がしきつめられていた。

【鹿】
3deer

 えびの高原はなにしろ鹿の多いところであり、遊歩道からも人慣れした鹿たちが、そばを通る人を立ち止まって観察している。

【甑岳山頂】
45_kosiki

 甑岳は、韓国岳を登るときに隣にその姿がよく見える、こじんまりした独立峰の火山である。姿のいい山なんだけど、100mくらいしか登る高さがないことや、やたらに道が急峻なことから、あまり登る人はいない山だ。

【甑岳火口】
4kosiki

 甑岳は火山ゆえ、頂上からはこの小さな火口が見える。火口の底は湿原となっていて、独特の風情がある。

【六観音御池】
Pond

 甑岳に登ったあとは元来た道を引き返し、池めぐりコースに戻る。
 ゆるいアップダウンの歩道を進むと、六観音御池に着く。
 3つの池ではもっとも広く、まわりには杉の巨木が幾本も立っていて、神秘的な雰囲気を漂わせている池である。
 向かい側には、霧島の盟峰韓国岳が聳えている。

 このあと白紫池によって、ビジターセンターまでおりていき、池めぐり終了。
 紅葉がほぼ終わっていたのは残念であったが、枯れかけの風景のなかの散策も、それはそれで味のあるものであった。

|

« 寿司屋のマグロ@紫光 | Main | 鮨匠のむら@11月 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 霧島池めぐり:

« 寿司屋のマグロ@紫光 | Main | 鮨匠のむら@11月 »