« 和食:無量塔(そうかこれが秋なのか) | Main | 別府の温泉で親日家のルクセンブルグ人と出会う。 »

September 04, 2010

由布院ポタリング

 由布院の街は盆地のなかにあり、どこからでも由布岳の美しい姿を眺めることができる。
 天気もよいことだし、街のなかをぶらぶらと自転車で散策しながら、場所ごとに姿を変える由布岳を眺めてみよう。

【道の駅 ゆふいん】
1

 自転車のパンクを修理して、出発は道の駅ゆふいんからとする。
 …それにしても、暑い。

【宿々】
2

 道の駅から少しばかり下ったところに、有名な旅館「おやど二本の葦束」がある。このあたりは他にも人気のある宿が集まっている。

【踏切前】
3

 由布院の街を久大本線が横切っている。ちょうど特急「ゆふいんの森」号が通り過ぎたところであった。

【由布院駅】
4

 由布院駅は磯崎新氏の建築によるモダンな建物。なかにはギャラリーもあり、足湯もある。

【幽霊マンション前】
5

 ここは由布院の心霊スポットとして有名であった高層マンションの跡地である。バブルの時代に建てられた展望温泉付きの6階立てマンションが、結局人が入らぬまま廃墟となってずっと高台に立っており、どこからも目立つ建物であったが、数年前にようやく取り壊され、更地となっている。

【峠への道】
6

 街中を走るのも飽きてきたので、峠までの坂を登ってみることにする。
 5%以下の緩い坂がずっと続く道である。

【峠への道 2】
7

 やまなみハイウェイのこの道は車では何十回となく走ったことがあるけど、自転車で走るのは初めての体験。
 車で走ったときは気付かなかったけど、ほんとうに雄大な風景である。

【峠への道 3】
8

 途中でTREKに乗ったサイクリストを一人追い抜いた。
 なんだか足を使いきったような登り方をしていたが、それもそのはず熊本からずっと漕いできたそうである。熊本からなら標高1400mの牧ノ戸峠を越えてきたわけだから、この酷暑のなかそうとうに体力を使ったものと思われる。

【峠:由布岳登山口】
9

 峠に登りきったところが由布岳への登山口である。
 やまなみハイウエィは別府までさらに続き、これからはずっと下り道になるので、ザックかついでのサイクリングならこのまま容易に別府に行けるけど、車を置いてのポタリングなのでここからはもと来た道を下ることにする。

 下り道はさすがに涼しかったが、盆地に戻れば、アップダウンのけっこうある道が続き、やはり暑かった。
 9月といえど暑さは真夏なみ、今年は猛暑である。


|

« 和食:無量塔(そうかこれが秋なのか) | Main | 別府の温泉で親日家のルクセンブルグ人と出会う。 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 由布院ポタリング:

« 和食:無量塔(そうかこれが秋なのか) | Main | 別府の温泉で親日家のルクセンブルグ人と出会う。 »