« 中九州ぐるりとサイクリング(2日目):由布院→牧ノ戸→阿蘇登山道→南阿蘇 | Main | 和食:無量塔@9月 »

September 26, 2010

中九州ぐるりとサイクリング(3日目):南阿蘇→高森峠→高千穂→延岡

 3日目のサイクリングは延岡に帰るルートである。
 大きな峠は高森峠だけなので、疲れのたまった足には適したルートだと思う。

【千本桜の道】
1to_takamori_pass

 高森町から高森峠に登っていくには、車では国道325号線を使うのが普通であるが、その道はトンネルが多く、交通量も多いことから自転車で走行するには向いていない。
 自転車には旧道である、道路わきにたくさんの桜が植えられた、千本桜の道のほうが適しているであろう。この道は桜のシーズンを除いては車の交通量も少なく、トンネルだって一つもなく、路面の状態もそんなに悪くない。
 ただ、高森峠への千本桜の道は、緩やかな傾斜が、九十九折りに連なっており、そのため、いつまでたっても上方に道が見えて、峠はまだなのかまだなのかとどうしても思ってしまい、精神的にけっこうきついのが難点ではある。

【高森トンネル】
2takamori_pass

 300mほどの高さを登りつめ、着いたところが高森トンネル。
 ここを越えれば、しばらくは下りが続く。

【奥阿蘇大橋】
3okuaso_bridge

 高森トンネルからの長い下りは、いったんここで小休止。
 立派な大橋であり、渓谷からも相当な高さがあって、橋の途中で下を覗き込むとその高さに感心する。

【寧静ループ橋】
4loop_bridge

 県境近傍にかかるループ橋。
 10数年ほど前までは、このあたりの国道は狭い曲がりくねった山道が続く、まさに「酷道」であった。そこを路線バスが走ってるので、離合するときなどは大変であったけど、この橋が出来て整備も進んだため、見違えるほど走りやすくなっている。

【田原 交差点】
5tabaru_cross

 ループ橋からしばらく走ると、交通の要所田原へと出る。
 なぜか大きなアニメ人形がずらりと飾られており、とくに「千と千尋の神隠し」の銭婆が目立っている。
 田原からは、じわじわと高千穂に登っていき、国道218号線に入ってそれから延岡に向けて、じわじわと下っていく。

【雲海橋】
6unkai_bridge

 高千穂から日之影への道にかかる大きなアーチ橋、雲海橋。
 この橋のたもとにある、レストハウス雲海橋で昼食を取ることにする。

【天ぷらうどん】
7udon

 ワンパターンのごとく天ぷらうどんを頼むが、ここの天ぷらうどんも、「道の駅きよかわ」同様に天ぷらの盛り合わせうどんであった。
 今まで私は天ぷらうどんを、「海老天だけか、海老天と野菜の入ったうどん」と思いこんでいたのだが、…違っていたのか?

【国道218号線バイパスとの合流部】
8root218

 青雲橋のところで、218号線の旧道のほうに下りて、五ヶ瀬川ぞいに進んでいく。
 こちらの道のほうが変化に富んでいて、交通量も少ないことから、サイクリングには適しているであろう。
 そして、バイパスとの合流部に着けば、延岡市も近い。
 だらだら走るうちに、旭化成の大煙突が見えてきて、そしてサイクリングも終了となった。

 今回走ったルートは、車では何度も通った道である。
 しかし自転車で走ると、まったく新たなものが見え、新たなものを感じることができた。
 世の中、まだまだ知らぬもの、知るべきものが多く残っていることを、改めて実感した二泊三日のサイクリング旅行であった。

 ………………………………………
 本日の走行距離:101.7km


|

« 中九州ぐるりとサイクリング(2日目):由布院→牧ノ戸→阿蘇登山道→南阿蘇 | Main | 和食:無量塔@9月 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

今月24日(日)田中サイクルで「高千穂下り」って
イベントがあります。
バスで高千穂武道館までいって後はサイクリングです。

その後の焼肉も楽しみです

来ませんか~

Posted by: 清 | October 01, 2010 09:40 PM

日程的には微妙ですが、参加してみたいですね。
参加できるときは田中サイクルに連絡しておきます。

Posted by: 管理人 | October 03, 2010 07:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中九州ぐるりとサイクリング(3日目):南阿蘇→高森峠→高千穂→延岡:

« 中九州ぐるりとサイクリング(2日目):由布院→牧ノ戸→阿蘇登山道→南阿蘇 | Main | 和食:無量塔@9月 »