« カレー:カレーカフェ@宮崎市 | Main | 読書:なぜ日本人は落合博満が嫌いか?(著)テリー伊藤 »

September 14, 2010

蕎麦:しみずの鴨せいろ

Soba

 蕎麦はつゆのみで、山葵や葱も加えずに食べるのが一番美味いとは思っているけど、酒の肴にする場合は、それではシンプルすぎるように感じられるときもある。
 蕎麦屋に行って、ちょいと気合を入れて酒を飲もうかと思ったとき、「鴨せいろ」などのほうが肴としてよかったりもする。とくに「しみず」の鴨せいろは。

 鴨そのものの味もよいが、鴨の豊かな脂が溶け込んだ、少々辛めのつけ汁が絶品である。その汁をたっぷり吸った葱も、鴨葱とはこのことかいうくらいに相性がよい。
 これに端正な姿の蕎麦をちょいちょいとつけながら、蕎麦を食い、酒を飲む。蕎麦食い、酒飲みの幸せな時間である。
 蕎麦を食い終わったあとのつけ汁を蕎麦湯に溶いて飲むと、これもまた絶品なのであった。

|

« カレー:カレーカフェ@宮崎市 | Main | 読書:なぜ日本人は落合博満が嫌いか?(著)テリー伊藤 »

蕎麦」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蕎麦:しみずの鴨せいろ:

« カレー:カレーカフェ@宮崎市 | Main | 読書:なぜ日本人は落合博満が嫌いか?(著)テリー伊藤 »