« 中九州ぐるりとサイクリング(3日目):南阿蘇→高森峠→高千穂→延岡 | Main | 旅館:華もみじ@熊本県南阿蘇 »

September 27, 2010

和食:無量塔@9月

Sibuama


 最初から置かれている敷紙には、「しぶあま、どちらもみごと、暁いろ、自然法雨の暁いろ」と書かれている。
 柿のことをいってるのだろうけど、なんだか難解である。秋になると大地の恵みを受けて、食材は全て美しく、美味くなるというような意味かとも思ったけど、違うような気もする。

【地鶏椀】
1wan

 優しめの出汁に、濃厚な味を持つ地鶏、それに根菜の線切りの椀。
 椀の主役の地鶏が、味,食感ともくっきりと浮き上がってくる。

【八寸】
2tsukuri

 八寸は華やかに、伊勢海老の造りと、焼き。豆腐風ポテト、焼無花果、鱧、それに巨峰。大根で作られたぼんぼりが、やわらかに料理を照らしている。
 前来たときも思ったけど、ちかごろ外国からの宿泊者も増えてきたようなので、この手の料理はけっこう受けると思う。

【煮物】
3nabe

 煮物は黒豚を角煮ふうに煮て、それを薬膳仕立てにしたもの。
 黒豚の脂肪豊かな身が、うまく野菜で調整され、いかにも滋養によろしいという感じになっている。

【甘鯛山吹見立て】
5amadai

 甘鯛は、和風マヨネーズで山吹色に染め、それに彩り鮮やかなパブリカを散らして、洋風なつくりである。
 無量塔での、甘鯛の新しい魅力を演出している。

【豊後牛】
4beef

 豊後牛は軽く山葵を和えて焼いている。
 それに焼き栗を添えて。いつもながら無量塔の豊後牛は、豊かな味が広がってくる。

 9月の無量塔には2度来たけど、それぞれ独自に季節の食材を生かした、楽しくも奥深いものであった。

|

« 中九州ぐるりとサイクリング(3日目):南阿蘇→高森峠→高千穂→延岡 | Main | 旅館:華もみじ@熊本県南阿蘇 »

和食」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/49628565

Listed below are links to weblogs that reference 和食:無量塔@9月:

« 中九州ぐるりとサイクリング(3日目):南阿蘇→高森峠→高千穂→延岡 | Main | 旅館:華もみじ@熊本県南阿蘇 »