« スパイは踊る教壇の上 | Main | 読書:ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い(著)小野田寛郎 »

August 14, 2010

北川花火大会

 北川町で花火大会をやっているので、行ってみる。
 延岡から15kmほどで、自転車で行くのにちょうどよいくらいの距離。
 しかし、日が暮れてから自転車をこいでいるというのに、暑さに参った。坂のたいしてあるコースでないのに、身体には熱がこもり、汗だらけになる。
 昨年はこんなに暑かった記憶はなく、やはり今年の夏は猛暑だ。

1

 北川は山間の町。
 花火の数は1000発と少なめであるが、それでもフィナーレに向けての花火は、なかには一尺玉も含まれているかと思えるほど、大きな、迫力のあるもの。
 花火の打ち上げとともに、巨大な一瞬の明かりに照らされて、山の稜線が影絵にように浮かびあがり、それはきれいなものであった。

|

« スパイは踊る教壇の上 | Main | 読書:ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い(著)小野田寛郎 »

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北川花火大会:

« スパイは踊る教壇の上 | Main | 読書:ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い(著)小野田寛郎 »