« 映画:ザ・ウォーカー The Book of Eli | Main | 7月の鮎@由貴亭 »

July 18, 2010

光洋→ブルーツリー

 映画を観たついでに光洋に寄ってみて、鮨を食う。
 カウンターには横浜にサービスマンの修行に出て行った四男氏が居て、鮨ではなく、鍋をつついている。ノドグロのしゃぶしゃぶだそうだ。夏でなかったら、私も頼みたいメニューである。涼しくなってから注文してみよっと。

 四男氏は連休を利用しての帰省。彼が給仕の修行をしている横浜の名イタリア料理店「サローネ」は、漫画「バンビーノ」のモデルとなっている店だそうだ。漫画で出てくる伝説のサービスマン楊大衛も、実在の人物をモデルとしており、その人はサローネで現在も働いているとのこと。料理の評判もいいし、そのような伝説の人がホールのマネージメントをしている店は、すごくレベルの高い店と思われ、一度は行ってみたいものだが、当然のごとく人気店なので予約ととるのは難しいそうである。
 四男氏がも少し偉い立場になり、そのコネで予約をねじこめるようになるまでじっくり待つことにするか。


 鮨をがっつり食ったのち、閉店後に大将と焼酎バー「ブルーツリー」に行ってみた。
 この店のマスターも宮崎の伝説的人物であり、焼酎に対する知識、情熱とも並はずれたものがあり、店の焼酎の品揃えも、またすごいものだ。
 大将とマスターのお勧めの焼酎を、マスター手製の美味いおつまみとともに、飲んでいく。そして焼酎のうち、店が近頃入手したもので面白いものを紹介。

【百年の孤独】
2

 右は宮崎の有名な焼酎「百年の孤独」。生産数が少ないから、けっこう入手が困難な焼酎である。左は中国製の「百年孤独」。さすがコピー大国、なんでもコピーをします。中身もホンモノ同様の美味さだったらたいしたものだが、まだ誰もためしておらず。

|

« 映画:ザ・ウォーカー The Book of Eli | Main | 7月の鮎@由貴亭 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 光洋→ブルーツリー:

« 映画:ザ・ウォーカー The Book of Eli | Main | 7月の鮎@由貴亭 »