« 鳩山首相は、ただの馬鹿なのか、それともとんでもない策士なのか。 | Main | 登山:傾山・杉ヶ越コース »

April 30, 2010

コミック:元祖女子山マンガ でこでこてっぺん (著)ゲキ

Dekodeko_4

元祖女子山マンガでこでこてっぺん
(著)ゲキ 山と渓谷社(2010/3/5)

 月刊誌「山と渓谷」に20年間連載されていたものを一冊にまとめて単行本にしたもの。
 本の内容は山が主題であるが、登った山個別について語るというものではなく、山に登るまであるいは登るときのいろいろなゴタゴタ、山好きな人たちの奇人列伝、山へ行くときの装具の工夫、山登りでの失敗談等々、山登りにかかわる些細なことや脇筋のことを漫画の題材にしている。
 そのどれもが山を知っている人なら、相槌を打ったり、苦笑いしたり、身につまされたり、…身に覚えがあることばかりである。そして辛いこと、苦しいことも、ユーモアたっぷりに語られ、それがあるからこそ登山はやめられないなどと改めて思ってしまう。

 著者はいわゆる山女(ヤマメではなく、「やまおんな」と読む)である。幼少のころから山男の父親に山に連れて行かれたことから山の魅力にはまり、それから山登りをずっと続けている。著者の人生のかたわらには常に山があり、20年のあいだの就職、仕事、結婚、出産も、山とのかかわりで語られ、そして山を語ることがすなわち著者の人生史ともなっている。

 山登りというものは一生楽しめる趣味であり、自分の年とともにまた見えてくるものも変わってくる。そしてそのそれぞれが自分にとって大切なものであり、貴重な思い出ともなる。
 「山と渓谷」に載っているときはただ読み流すだけの漫画であったが、こうやって20年間に描かれた200本の漫画をずらりと時系列で読むと、楽しく笑いながらも、山と人生に関わりについて深い感慨を覚える。

|

« 鳩山首相は、ただの馬鹿なのか、それともとんでもない策士なのか。 | Main | 登山:傾山・杉ヶ越コース »

登山」カテゴリの記事

コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コミック:元祖女子山マンガ でこでこてっぺん (著)ゲキ:

« 鳩山首相は、ただの馬鹿なのか、それともとんでもない策士なのか。 | Main | 登山:傾山・杉ヶ越コース »