« 3月15日(2) ブルータスの馬鹿 | Main | 黄砂に吹かれて »

March 17, 2010

和食:きたうら善漁。

 延岡には北浦という漁港があって、よい魚があがるのだけど、その多くは市外に出てしまって延岡にとどまることが少ない。それを残念に思った北浦の漁師さんが、京都に和食の修行に出て腕を磨いたのちに、地産の魚をふんだんに使う料理を出す店を開いた。店の名前は「ぜんりょうまる」と読み、これは店主の持ち船「善漁丸」をそのまま用いたものである。

 料理には当然こだわりがあり、入念な準備をかけて料理をつくるので、基本的には予約が必須の店である。
 本日は職場の送別会にて使用。料理のいくつかを紹介してみる。

【造り】
Raw_fish

 刺身は、どれも地元のもの。北浦名物「ひむか本サバ」に、尾長グレ、それにコリ魚。コリ魚って初めて聞く魚だけど、クセのない白身魚であった。
 ワサビは擦りたての本ワサビを使っている。地方ではあんがいと珍しいサービス。

【緋扇貝】
Shell

 目にも鮮やかな色の緋扇貝。これは延岡の隣の佐伯市蒲江町の名物である。磯の香りと、弾力ある食感がよろしい。

【赤カマスの若狭焼き】
Kamasu

 カマスは珍しく若狭焼きにて。身はしっとりとした感じで、皮はサクッとした感じで上手く若狭焼きで仕上がっている。おもしろい料理。


 コース全体として、丁寧に調理された、誠実さを感じる料理であった。
 海に近い地方の店の料理は、ただ新鮮さが売りというところが多いけど、この店は新鮮さを生かしつつ、きちんとした和の工夫を加えた和料理を味わうことができる。
 地方の店として、頼もしい良店である。

………………………………………
 きたうら善漁。
 住所:延岡市本町1丁目3-14
 TEL:0982-40-5495

|

« 3月15日(2) ブルータスの馬鹿 | Main | 黄砂に吹かれて »

和食」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/47889707

Listed below are links to weblogs that reference 和食:きたうら善漁。:

« 3月15日(2) ブルータスの馬鹿 | Main | 黄砂に吹かれて »