« 登山:指山三俣山ルートは登ってはいけない | Main | カレー:カフェギャラリー 阿里美(@阿蘇) »

March 07, 2010

和食:3月の無量塔

 登山後の夕食は無量塔にて。
 「無量塔の春」と名付けられた料理は、2月も同じ題であったけれど、3月になって春本来の食材がそろってきたことから、さらに春爛漫という感じの、生き生きとした料理となっていた。

【先付】
1

 空豆のサヤにあるのは、アスパラを餅豚で巻いて焼いたもの。それに、クレソン、ジャガイモ、タマネギ、ジャガイモ、タラノメ、トマトと、味の濃くなってきた野菜を添えて、春の濃厚な香りただよう力強い料理。

【椀物】
2

 餅米で包んだ山女、それに桜の花、ワラビ、菜の花、人参の椀。出汁は無量塔流の洗練された田舎風のものであり、うまく調和している。

【八寸】
3

 雛祭りに見立てた楽しい八寸。雛餅風の卵焼きに、官女の櫛飾りのような野菜の添え物、筍の皮のぼんぼり。造りはヒラメに関サバ。質のいいものである。

 これらの春の到来の喜びを告げる、遊び心のある、愉快で美味しい料理のあとは、いつもの定番の、鍋物、焼き物と、落ち着いたしっかりした料理がでてくる。
 無量塔ならではの、高い技量を示した、メリハリの利いたコースである。


【暁の部屋】
Room

 部屋は「暁」。
 天井まで届く広い窓で、庭との一体感をしめす、近代風のすっきりした造りの部屋であるが、ゴツゴツした岩を壁にはめて、破格感も表現している。部屋全体のつくりとしては完璧に近いものがあり、よく雑誌で紹介されている。
 私としては、もう少しソファが大きかったら、さらに寛げていいのにとかも思う。

|

« 登山:指山三俣山ルートは登ってはいけない | Main | カレー:カフェギャラリー 阿里美(@阿蘇) »

和食」カテゴリの記事

旅館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/47784437

Listed below are links to weblogs that reference 和食:3月の無量塔:

« 登山:指山三俣山ルートは登ってはいけない | Main | カレー:カフェギャラリー 阿里美(@阿蘇) »