« 和食:無量塔の春 | Main | 鮨@近松 »

February 20, 2010

2月のサーラ・カリーナ

 サーラ・カリーナでディナーを。
 前菜、パスタ3種、メインに肉料理というコースを組み立ててもらう。

【パスタ1】
1

 トマトに、春野菜を添えて。
 トマトのフレッシュな酸味がいいインパクトになっていて、イタリア料理におけるトマトの重要さがよく分かる。野菜はいずれも生き生きとした食感で、春を感じさせるもの。

【パスタ2】
2

 白アスパラのパスタは、まずアスパラの香りが素晴らしい。その香りのもと、アスパラの柔らかく、豊かな味が、パスタとからめて食べるとことによりさらに広がりを増す。

【パスタ3】
3

 鴨肉とアーティチョークのパスタ。
 こういう力強い味のものには、しっかりした手打ちパスタがよく合っており、確かなる食味が楽しめる。

【子鳩焼き】
Dove

 赤ワインに合わせて肉料理を頼む。
 茨城産の子鳩は、あっさりした味であるが、噛みしめるごとに、鳩独自の香りと旨みがしみだしてくる。ソースも繊細なもので、うまく鳩の味の魅力を生かしている。


 ひさしぶりのサーラ・カリーナであるが、相変わらずの高いレベルのイタリア料理を楽しめた。ミシュラン風にいえば「その店に行くためだけに旅行する価値がある」店であるのは間違いない。
 イタリア料理を真に楽しむこととは、福岡サーラ・カリーナの、今井シェフのアートと称すべき料理を食べることと同意味であろう、と私は思う。

|

« 和食:無量塔の春 | Main | 鮨@近松 »

イタリア料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2月のサーラ・カリーナ:

« 和食:無量塔の春 | Main | 鮨@近松 »