« 私の好きな絵(2):街の神秘と憂愁 (作)デ・キリコ | Main | 読書:寿司店のカラクリ 大久保一彦(著) »

January 17, 2010

広島でスキー(恐羅漢、大佐)

 広島の恐羅漢スキー場は、雪さえあれば変化に富んだ面白いコースをいくつも滑ることのできる魅力的なスキー場である。今年のドカ雪のおかげで、恐羅漢は全コースオープンとなり、これは楽しめそうだ。
 熊本市のスキー道具店から、広島恐羅漢行きの有志を集めるメールが届いたので、それではと行くことにする。

 広島行は、メンバー4名。店のワゴン車で行く。
 今年は雪が多いので、スキー場に遊びに行く人が増えており、店主は板のメンテナンスに追われ、夜遅くまで仕事をしている。私が店に着いたのが夜の12時近くであったが、まだ預かった板を磨いていた。これに加え、週末は九州のスキー場に道具のレンタルおよびレッスンに出るわけで、この時期大忙しで大変である。
 さて、夜1時に広島に向けてGoということになるが、…おや店主もメンバーに加わっており、広島にスキーに行くとのこと。せっかくの稼ぎ時なのに、店主仕事せんかいとか言いたくなるが、これほどまでにドカ雪が降ったならば、なにはともあれ滑らねばならないというスキーヤーの魂が、仕事などさせないのでしょうな。

【恐羅漢スキー場】
1

 恐羅漢スキー場は見事な雪の積もり方。
 ちゃんと樹氷も出来ている。

【カヤ畑コース】
2

 恐羅漢名物は、やはりカヤ畑コース。右側のコースは中ほどが崖になっており、マジに垂直に切り落ちている。
 ここをスキー板を真下に向け、重力に身をまかせて飛び出し、雪を切り裂きながら一気に滑り下りると、その快感から誰しもカヤ畑コースの魅力にとりつかれてしまう。まあ、たいていは途中で転んで、雪まみれになってしまい、快感もへったくれもなくなるのだが。

【カヤ畑コース】
3

 上から見るとこんな感じ。
 コースがスパっと切り落ちています。

 恐羅漢スキー場は、非圧雪のコースが多く、コブがよく育っている。
 コブとの果たしなき格闘が、また恐羅漢の魅力でもある。

【びっくり海老カレー】
Curry

 昼食はレストハウスにて。
 店主によれば恐羅漢の名物は、「びっくり海老カレー」だそうで、それにする。
 大きな有頭の海老が3つ。カリカリに揚げられて、カレーに乗っている。
 ビールによく合いそうな料理であるが、午後も滑るのでビールはぐっと我慢する。

【鴨鍋】
Nabe

 午後いっぱい滑ったのちは、民宿「あるぺん屋」に宿泊。
 芸北エリアの民宿を熟知しているスキー店店主は、料理の美味い民宿を宿に選ぶことにしている。
 「あるぺん屋」は、たしかに料理がなかなか良かった。鴨鍋や、自家製チーズなどが名物。

【どぶろく】
Doburoku

 名物には、さらにどぶろくがある。
 自家製であるが、密造酒というわけではなく、ちゃんと酒造の免許を持っているそうだ。


【大佐スキー場(矢印が頂上)】
Oosa

 翌日は大佐スキー場へと行く。
 大佐スキー場は、大佐山頂上まで圧雪車が入っており、頂上までスキーコースがある。
 ただし予算の関係か、リフトは途中までしかかかっていず、頂上までは通じていない。それゆえ頂上までは途中から歩いて登らねばならない。
 山登りじゃないんだから、べつだん頂上まで登らねばならない理由もないのだが、ついつい登ってしまう。

【大佐山頂上】
Summit

 頂上まで来ればさすがに眺めがよい。北は日本海側まで見渡すことができます。

【チャンピオンコース】
Osa2

 大佐の名物は、やはりチャンピオンコース。
 傾斜30度の幅広い圧雪コースは、高速で大回りターンをしながら滑ると、爽快感みなぎります。

 二日間さんざん滑りまくり、さすがにもう結構となったところで終了。
 広く長いゲレンデはさすがに滑り甲斐があります。

……………………………………………
スキー用具店 マックスポーツバー 
民宿アルペン屋 

|

« 私の好きな絵(2):街の神秘と憂愁 (作)デ・キリコ | Main | 読書:寿司店のカラクリ 大久保一彦(著) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広島でスキー(恐羅漢、大佐):

« 私の好きな絵(2):街の神秘と憂愁 (作)デ・キリコ | Main | 読書:寿司店のカラクリ 大久保一彦(著) »