« 絶品の生ハム「クラテッロ・ディ・ジベッロ」 | Main | 寿司:光洋@12月 »

December 17, 2009

今年の初河豚を彌作(@延岡市)で味わう

 12月も中旬を過ぎるとさすがに寒くなってきた。
 寒くなると河豚が食いたくなる。
 (どうせ同じようなことを昨年も書いているであろうと思ったら、やはり書いていた
 延岡では彌作という店が河豚の料理が上手だという話を聞いていたので、職場の新人を2名連れて本年度の初河豚を食いに行くことにする。ちなみに彼らにとって本日の河豚のコース料理は人生で初めての河豚体験だそうだ。

【刺身】
1

 大皿を透かしてずら~りと並ぶ河豚刺し。美しきかな。これこそ冬の代表的風物詩。
 寝かして熟成させた河豚を一枚引きで薄切りにした刺身は、旨味十分、また弾力もほどよく、河豚の本場大分で鍛えた主人の実力をよく示している。
 河豚初体験の見習たちは「これどうやって食うんですか」とたずねる。適当に食っておいていいんだよと答えて、彼らがどうやって食うかを観察してみようかなとも思ったが、そういう意地悪はせずに、最初は一枚を何もつけずに、次はポン酢をちょっとつけて、その他葱を巻いたり、それから紅葉おろしを使ったりと段階的にいろいろな味を楽しむんだよとか、一般的な河豚の食い方をレクチャーしておく。

【唐揚げ】
2

 揚げたての唐揚げは、ほくほくぷりぷりの、楽しい食感。
 河豚の唐揚げは箸で持つのでなく、手で持って食べるんだよ、とかの基礎知識も見習いたちに教えておいた。

【白子焼き】
3

 日本の海産物中、これこそ最高の美味と私が信じている「河豚の白子」であるが、さすがに12月ではまだサイズが小さいか。旨味も旬のものに比べると、まだまだ弱い。白子については、1月過ぎに期待。

【河豚雑炊】
4

 河豚鍋のあとの〆は、当然雑炊。
 雑炊のなかでも王者とでもいうべき河豚の雑炊は、河豚の香り高し。今までのコースで腹いっぱいになったあとでも、雑炊だけは入っていく。

 冬に河豚のコース料理を食う。
 冬を迎えての、大いなる食の喜び。
 見習君たちも「こんな美味いものは初めて食った」とか言っていたが、そうやって旬の食を知る喜びというものを学んでいってもらいたいものだ。

……………………………………………
料理工房 彌作 延岡市愛宕町2丁目2292−3
TEL 0982-34-7350

|

« 絶品の生ハム「クラテッロ・ディ・ジベッロ」 | Main | 寿司:光洋@12月 »

和食」カテゴリの記事

延岡」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/47053270

Listed below are links to weblogs that reference 今年の初河豚を彌作(@延岡市)で味わう:

« 絶品の生ハム「クラテッロ・ディ・ジベッロ」 | Main | 寿司:光洋@12月 »