« 熊本出張、「銀杏釜めし」でワタリガニを食う | Main | 映画:The 4th kind フォース カインド »

December 27, 2009

映画:アバター

 予告編でここまで詳細にネタバレをやっている映画も珍しいとは思う。
 予告編観ながら、これは「ダンス・ウィズ・ウルブス」のSF版なんだろうなあ、あんまり面白くもなさそうな話だなと思いはしたが、何しろ巨額の製作費をかけて作られた世界初の本格的3D映画であり、映画の歴史において革命的変革をもたらす可能性のある映画であることから、やはり観るべきであろうと思い、3Dバージョンを観ることにした。

 3Dそのものの感想はといえば、私が想像していた「物が立体的に見える」という見え方でなく、「平面な絵が遠近感をもって並ぶ」という見え方で、奥ゆきは感じるものの、あまり迫力は感じなかった。
 しかし3Dの効果はたしかに著明で、物語中重要な存在である「神の樹」が飛ばす種のふわふわした浮遊感は、3Dでないと表わせないものであり、たしかにこれからは画像に凝った映画は3Dが標準ということになるであろう。

 物語の筋については予告編通りであり、だいたいの想定内の進行と結末に到るわけであるが、物語の世界観についてはけっこう雄大かつ複雑なものがあり、「ダンス・ウィズ・ウルブス」に、「エイリアン2」+「もののけ姫」+「惑星ソラリス」などの要素が加わっている感じで、けっこう深い内容のものになっており、観ていて飽きることはない。

 個人的には、ヘリのパイロットを演じたミシェル・ロドリゲスが一番格好よかった気がする。彼女は常に勇敢で賢く、またタフであった。
 …それにしても、ミシェル・ロドリゲスっていつもいつも似たような役をやっているなあ。たぶん本人その人がすごく「強い女」なんだろう。

……………………………………………
アバター 公式サイト

|

« 熊本出張、「銀杏釜めし」でワタリガニを食う | Main | 映画:The 4th kind フォース カインド »

映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画:アバター:

« 熊本出張、「銀杏釜めし」でワタリガニを食う | Main | 映画:The 4th kind フォース カインド »