« 映画:ナイトミュージアム2 (地方の映画館の問題点) | Main | 寿司@8月の光洋 and 一心鮨本店送別会 »

August 17, 2009

土産:マッカラン18

 知人にロシアに定期的に出かける者がいて、この前にロシアに行ったときに土産はなにがいいかと聞かれたので、「とりあえず、酒」と答えておいた。するとなんとウォッカを買って来た。(当たり前といえば当たり前の話なのだが)
 ウォッカというのは使い方の難しい酒で、ツマミが妙に脂っこくて塩辛いものしか合わない気がして、せっかく買ってきてもらったというのに、なかなか減らない。

 さて、その知人がまたロシアに行くというので、お土産はなにがいいかとまた聞く。「とりあえず、酒」とまたも答える。(これしか欲しいものがない人間なのです)
 「でもウォッカはまだ余っているからいい。空港の免税店でマッカランを買ってきて。できるなら30年ものを」と、マッカランを頼んでおくことにした。

Wisky

 というわけでやってきたのがマッカラン18。30はなかったそうだ。

 私はウィスキーは好きではない。ウィスキーは全体的に味がつんつんして、咽越しの感覚が強すぎ、酒を味わうというより、アルコールを味わうというような気が私にはするからである。
 しかし、マッカランは例外的に好みだ。まず香りが尋常でなく高く、味わいもまろやかで、醸造酒に通じる豊かな味わいがある。

Macallan

 これを薩摩切子の猪口に注ぐと、そこから豊潤な香りが立ち上り、それだけで満足感を感じることができる。マッカランもツマミが難しい酒だが、ツマミもなしにちびちびと飲みんで十分に美味しく、日々、少しずつボトル内の酒の量が減っているところである。

|

« 映画:ナイトミュージアム2 (地方の映画館の問題点) | Main | 寿司@8月の光洋 and 一心鮨本店送別会 »

土産」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土産:マッカラン18:

« 映画:ナイトミュージアム2 (地方の映画館の問題点) | Main | 寿司@8月の光洋 and 一心鮨本店送別会 »