« シンコ@光洋 | Main | 映画: 剱岳 点の記 »

June 28, 2009

宮崎の蕎麦

【延岡・田舎家の蕎麦】
Nobeoka

 延岡駅前に田舎屋という蕎麦屋があって、そこで蕎麦を食ったところ、蕎麦の香りが良く、蕎麦の旨みも十分で、良質の蕎麦粉を使い、しっかりした技術を持った料理人が蕎麦を打っている、とてもいい店だと思った。
 なんで延岡にこんな店が…とか、思わぬこともなかったが、延岡って意外と和食系の店のレベルが高く、たぶん旭化成の人たちが種々の店を鍛えて育てあげたんだろうなあと勝手に思っている。

 どこにリンクがあるというわけでない超マイナーな私のブログでも、記事がネットに乗ってしまえば検索エンジンがひっかけるので、ネットで延岡の美味い店を探したい人の一助に、ぼちぼち、「延岡の美味い店」をUPしていこうかなあと思いつつ、…でも今回は延岡の蕎麦屋の話に加えて、宮崎市の蕎麦屋の話。。

 蕎麦好きの私としては、宮崎では蕎麦処しみずが一番の好みであり、宮崎市に行くとついつい食いたくなってしまい、今回も行ってみた。

【しみずの生粉打ち蕎麦(店が暗いのでピンボケ気味)】
Simizu

 この店は街中の蕎麦屋のくせして、酒のアテが少ないのが難だな。蕎麦豆腐がすぐに品切れになったのは仕方ないとして、板ワサとか、…いや板ワサがあれば十分なんだが、蕎麦豆腐がないと他につまみたくなるものはなかった。
 まあ、蕎麦も素晴らしい酒の肴なので、蕎麦を肴に昼間から酒を飲む。
 う~ん。やっぱり美味い。
 しみずの生粉打ち蕎麦は香りも食感もよい。食感とは、つまりつやつやにして滑らかな、なんというか、蕎麦粉が「こんな瑞々しい蕎麦にしてくれありがとう」と礼を言いたくなるような、麺の艶やかさの造形の感触なのであり、しみずはまさに蕎麦が礼を言うような蕎麦であり、いつも見事なものと思う。でも、この食感に関しては、蕎麦の香りを重視した挽きかたとをすると、レベルが落ちてしまう。
 蕎麦って、この香り、旨み、食感のバランスがすごく難しい料理だと思う。

 しみずの蕎麦はそこのバランスが、いわゆる洗練された方向に進んだ、上品な蕎麦と思われ、私は好みだ。

 延岡の田舎屋の蕎麦は、このバランスが、蕎麦粉の旨さをより重視するように私には感じられ、「田舎屋」という名前が宣言するように、蕎麦粉自体の旨さをしっかりと伝える、いわゆる田舎蕎麦系の蕎麦に思えた。

 蕎麦は、奥が深い。
 宮崎にいるからには、美味い蕎麦を食おうと思ったら、気分にまかせて「田舎屋」と「しみず」を訪れることにしよう。
 ところで宮崎の麺といえば、うどん・ラーメンが主体のようだが、宮崎は蕎麦の産地に近き地であり、他にも美味い蕎麦屋はあって当然だし、噂も聞くので、おりをみて、訪ね歩きたいと思う。

|

« シンコ@光洋 | Main | 映画: 剱岳 点の記 »

蕎麦」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮崎の蕎麦:

« シンコ@光洋 | Main | 映画: 剱岳 点の記 »