« 夜の由布院・蛍・Bar・「汲」の夜景 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府市) »

June 14, 2009

無量塔:「汲」

 無量塔は、部屋が魅力的な宿であり、部屋には相当に力を入れている。
 今回は新館の「汲」に泊まったので、そこを紹介してみよう。

【部屋:上座方向】
Room2

 床の間みたいなものがあるから、こちらが上座方向。
 畳敷きのまんなかの半畳は、食事時には持ち上がり、掘りごたつ風になる仕掛けだ。

【部屋:庭方向】
Room1

 無量塔の新館は、庭もよくできている。
 ガラス窓は天井まで届く大きさであり、庭と部屋が一体化した空間をつくっている。

 無量塔には新館が四棟あり、二棟ずつセットで建てられている。「相」「袍」は一戸建ての別荘的雰囲気であり、「暁」「汲」は高級マンション的雰囲気を持っている。
 新館、とくに「暁」「汲」の部屋は、ほぼ完璧である。部屋の空間の使い方、屋外の庭と部屋との調和、家具の設置、いずれも見事。
 趣味がすごく良い、都会的センスの持ち主が、金に糸目をつけずに田舎にセカンドハウスを建てたなら、こういうエレガントな建物が出来るのだろうなあ、と思ってしまう。でも、そういう意味で、こういう部屋は「想定の範囲内」であり、良さに感心はするが、驚きはない。

 ある意味、新館の部屋はオーナーの妥協のようにも感じてしまう。
 無量塔の旧館(特に「吉」とか「明治」)は、オーナーの個人的趣味で突っ走ってしまった、異形の建物であり、移築した古民家に手を入れて、無駄にまで広大な空間を持つ部屋をつくり、そこにペルシャ絨毯、李朝の陶器、日本の家具、北欧のソファ、ヨーロッパの巨大な抽象画…などを、無秩序(というわけでもないのだろうが)につめこみ、全体として「無量塔ワールド」としか言いようのない、不安定でいながら妙に調和のある空間が造形されていた。この空間は、ゴヤの絵に描かれている空間のように、濃厚な密度を感じる空間であり、はまる人には、はまるのである。(はまらない人は、落ち着かない部屋だなあとか思うであろう)

 その、はまる人にははまる旧館の部屋と比べ、新館の部屋は誰でもはまる、スタンダード的な、誉めるしかない、素晴らしい部屋である。まあ、初めて泊まる人には、こちらの部屋を勧めるほうがいいでしょう。ただ、これが無量塔らしい部屋かといえば、ちょっと違うという気がしないでもない。というか、する。

【風呂】
Bath1

 無量塔には大浴場はなく、各部屋にそれぞれの風呂があるのみ。
 でもこの風呂だけで、大浴場はなくとも満足できる、広々とした、源泉かけ流しの絶品の風呂。
 新館の風呂は、天井はガラス、外とは大きなガラス戸で仕切られたのみの、半露天風な開放的なものである。5~6年前くらいから露天風呂付部屋を売りにする高級旅館が、やたらと増えてきたけど、その流れに乗ったものかな? 

 無量塔の本館は、旧館も新館も2棟ずつセットになっており、それぞれ似たコンセプトのつくりとなっている。
 ついでなので、以前泊まった「暁」も紹介。

【「暁」の部屋】
Room3

 壁は石壁になっていて、すこしばかり野外的雰囲気を感じます。
 畳の部は、ここもエレベーター方式。

【「暁」の風呂】
Bath2

 無量塔の部屋風呂は、セットの棟では、必ず一方が長方形で、一方が円形。
 それで、「汲」が長方形なので、こちらは円形。
 円形の風呂って、あんまりくつろげない気がするのは私だけであろうか。


 無量塔の本館は、裏に雑木林があり、鳥がいっぱいいます。
 朝、夜明けとともに、鳥たちがいっせいに目覚め、元気いっぱいに鳴き出します。カッコウにウグイスにヤマバトに…あとはよく知らない鳥たちが、日の出を迎え、我も我もという感じで、林のどこかしこから鳴き声を響かせ、部屋へと音が届きます。
 この天然目覚まし時計のような騒音(?)を、宿酔気味のぼーとした頭で聞きながら目を覚ますと、「…ああ、無量塔に泊まっているんだなあ」と、まずは思います。

|

« 夜の由布院・蛍・Bar・「汲」の夜景 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府市) »

旅館」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88430/45444961

Listed below are links to weblogs that reference 無量塔:「汲」:

« 夜の由布院・蛍・Bar・「汲」の夜景 | Main | 花菖蒲@神楽女湖(別府市) »