« 母智丘の桜 | Main | 激辛料理「火鍋」 »

March 24, 2009

WBC決勝戦 日本対韓国戦

 WBC決勝日本韓国戦、面白かった。近来まれにみる、手に汗を握り、胃がきりきりと痛くなるような、緊迫感・緊張感あふれる試合。この感覚は、10年以上も前に日本代表サーカーチームがイランを破り、フランスW杯進出を決めた「ジョホールバルの歓喜」以来だなあ。
 国代表のチームが、威信と誇りをかけて、全力を出したら、こういう名勝負が生まれるといういい例。

 WBC,デスクワークの合間にTVを観ていたのが、いつのまにかTVに釘付けになってしまい、気づけば職場の大勢のものがTVを取り囲み、大声をあげて一喜一憂していた。
 最も悲鳴があがったのが杉内交代の場面。「原監督なにすんねん!」と怒号の嵐。おかげでダルビッシュが一点取られて同点になった場面も、ある意味予定調和的出来事として落ち着いて見られた。
 最も歓声が上がったのがもちろんイチローのセンター前クリーンヒット。たとえこの後逆転されて負けても、この一打が見られただけで、WBCを観た価値がある一打。

 それにしても2アウト2塁3塁の場面で、イチローに真っ向勝負を選ぶ韓国バッテリーも素直に偉いと思う。
 韓国で最も嫌われている日本人、韓国野球界の最大の仇敵(と向こうが一方的に思っている)イチローに対しては、たとえ打たれて負けようが、戦いもせずに「逃げる」わけにはいかないという意地。潔くも美しい。
 イチローも投手の勝負心はよく分かっていて、気迫をこめて本気で投げてきたボールには本気で打つ。だからボールが外れてとんでもないコースに来ても、それに食らいついてバットに当てる。そんなクソボール振らんでくれ~、空振りするぞ、と皆が悲鳴を上げるような場面が続くうち、ついにバットは球を真芯でとらえ、センターにきれいに弾きかえす。一同、飛び上がり、大歓声をあげての大歓喜。このとき、日本全国どこでも同じ光景がくり広げられたことでしょう。

 スーパースター、イチローの、野球生活のなかでのおそらく最高の思い出になる打席、スーパースターのみが知る「星の時間」が来た瞬間、生で見られて、たいへん幸運であった。

|

« 母智丘の桜 | Main | 激辛料理「火鍋」 »

時事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference WBC決勝戦 日本対韓国戦:

« 母智丘の桜 | Main | 激辛料理「火鍋」 »