« 寿司@鮨まつもと(京都市祇園町) | Main | 春の京都 桜見物(2) 夜の二条城 »

March 28, 2009

春の京都 桜見物(1)東山方面

 3月中旬は暖かい日々が続き、日本の各地どこでも桜の開花が報じられている。宮崎では3月第3週で桜が満開という例年にない早さ。
 でも桜といえば、京都。桜満開、風とともに桜の花びらが空間いっぱいに流れて来る、そんな桜色に染まった京都を訪れてみたい。3月末が満開の時期になりそうなので、月末の京都は期待できそうだ。
 しかし、3月末になって突然寒波が襲来。咲こう咲こうとてんぱっていた桜の木は、この2月なみに寒さに蕾を固く閉じてしまい、開花はフリーズ状態。せっかく訪れたのに、なんてこったいとぼやきたくなる3月末の京都であった。

 とりあえず駆け足で訪れた桜の名所いろいろ。

【円山公園 枝垂桜】
Maruyama_cherry

 円山公園の名物の大枝垂桜。
 枝垂桜はちょうど見ごろの時期であり、これは7分咲き。やはりこの巨大な桜は見ごたえがあります。円山公園で一番目立つ木だけあり、一度は花盛りの姿を見なくては。

【円山公園 枝垂桜2】
Maruyama_cherry2

 円山公園には枝垂桜が何本が植えられているおり、その中ではこの背丈の低い枝垂桜が一番花が咲いていた。ほぼ満開。垂れた枝に花をいっぱい載せ、まるで花の滝のような木の姿が美しい。

【祇園】
Gion

 祇園の桜も、花をつけた桜の木がぽつんぽつんとある程度。
 日本で最も華やかな街は、まだ華やかな装いの時期にはいたらず。

【山科疎水】
Sosui_cherry

 昼食を「鮨まつもと」で食べたのち、地下鉄東西線で「御陵」へ。
 目的地は、通好みと思われる桜の名所、山科疎水。琵琶湖から引かれた水路の両脇に桜が植えられ、満開の頃は、桜の花びらがたくさん水面に浮いて流れていく、そんな艶やかな風景が楽しめそうなところである。しかし残念ながら花(=ソメイヨシノ)の時期にはまだ早く、咲いている桜としては、ところどころ5分咲き程度に咲いている山桜が見られるのみ。桜見物の客も少なく、蕾のみの桜とあわせ、閑散たる風景。
 いつか、満開の時期に来てやるぞ。

【毘沙門堂】
Bisyamonntenn

 山科疎水とのセット、毘沙門堂。
 桜はほとんど咲いていなかったけど、一本だけ満開の桜があった。これでよしとするか。

【三年坂】
3nenzaka

 地下鉄に乗って東山まで戻り、京都でもトップクラスの桜の人気スポット、清水寺へと向かう。
 ここは、いつ、どう行っても混雑の極みの地なので行きたくなかったのだが、桜が満開だったりすると行かないわけにはいかないので、混雑をものともせず行く。
 いざ歩けば予想通りの人の山の三年坂。いつ行っても満員電車なみの混雑の観光地って、ここくらしか知らないなあ。
 三年坂に一本満開の桜があった。賑やかな風景のなか、雑踏の人を迎えるからのごときの桜。貫禄を感じます。

【清水寺】
Kiyomizu

 予想はしていたけど、清水寺、桜はほとんど咲いていなかった。
そ れでも清水寺は観光客でたくさんだ。そして清水の舞台へは、どんどん観光客が入っていき、桜なくとも清水寺の集客力のすごさに感心してしまった。
 私は、「清水寺に桜は咲いていなかった」ということを確認したことのみに満足し、(不満足ともいえる)、もとの坂を下ることにする。

 とりあえず本日の目的とするところはだいたい回ったので、寒い寒いといいながら、宿へと戻る。食事のあとは、ライトアップの桜見物だ。

|

« 寿司@鮨まつもと(京都市祇園町) | Main | 春の京都 桜見物(2) 夜の二条城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春の京都 桜見物(1)東山方面:

« 寿司@鮨まつもと(京都市祇園町) | Main | 春の京都 桜見物(2) 夜の二条城 »