« 激辛料理「火鍋」 | Main | 春の京都 桜見物(1)東山方面 »

March 28, 2009

寿司@鮨まつもと(京都市祇園町)

 荷物を旅館に置き、円山公園で桜を見物したのち、昼食へ祇園の「鮨まつもと」に行く。
 美味しい和食の店がいくらでもある京都で、わざわざ寿司を食べなくともという意見もあるであろうが、昼飯の選択としては悪くはないはず。京都の名物料理としては鯖寿司、豆腐料理、鰊蕎麦などが思いうかぶけど、鯖寿司一品では寂しいし、豆腐は旅館の朝飯に出てくるし、鰊蕎麦なんて一回食えば十分だ。それらを選ぶよりは握り寿司のほうが食指が動く。ようは私は寿司が好きなのである。(と、前にも似たようなフレーズを書いたな)

 花見町小路を入ってすぐの角を曲がってしばらく歩いたところに店はある。
 東京は新橋の寿司の名店「しみづ」で修行した若い店主が、関西で江戸前寿司を供すべく開いた店である。近頃、関西でも江戸前寿司を出す店が増えているけど、この店がその走りのようなものなのではないのかな。

 寿司は「しみづ」直伝スタイルなんだろうけど、師匠の独特の固くしまったシャリとは異なり、それよりはやさしめに握られている。また師匠の寿司のように、飛んだりはしない。

 昼のメニューは握りのみ。平目、春子、赤身、イカ、海老、鰺、コハダ、タイラギ、煮ハマ、ウニ、穴子、干瓢巻き、玉子、等々。シャリは地紙型に握られ、ネタとのバランスもよい。築地から仕入れたネタ質もまずまずのもの。〆方もしっかりしており、塩の利いたシャリによく合っている。鰺の寝かせ方は抜群であり、とろけるような食感が楽しめた。
 昨年の秋に来たときよりも、握り、仕込みが完成度の高いものとなっており、だいぶ安定してきたのではないだろうか。

 元気よい若夫婦がキビキビと働いています。客は遠方からの常連客が主みたいで、店を盛り立てようとする暖かい心使いが感じられる。店全体として、家庭的な雰囲気が満ちており、鮨道を極めんとする人が集まる師匠の店とは、だいぶ雰囲気が異なります。

 将来的には京都の寿司の一流店になることが期待できる店だと思います。
 これからも、たびたび寄ってみようと思う。

【コハダ】
Kohada


……………………………………………………
鮨まつもと 京都府京都市東山区祇園町南側570-123

|

« 激辛料理「火鍋」 | Main | 春の京都 桜見物(1)東山方面 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寿司@鮨まつもと(京都市祇園町):

« 激辛料理「火鍋」 | Main | 春の京都 桜見物(1)東山方面 »