« 読書:幕末史 半藤一利 著 | Main | イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) »

February 16, 2009

土産@バレンタインデーの義理チョコ

Valentine


 バレンタインデーの義理チョコも広義の意味では土産になるのであろうか。よくわからんが、とりあえず、土産のカテゴリに入れておく。
 2月14日は、私のごとき生活活動範囲の広くもない人間でも、世のしがらみから義理チョコをいくつかもらうことになる。このブログは私の備忘録的役割をはたしているものゆえ、いつしかどこかへ消えていく義理チョコを、消える前に写真に撮っておく。
 モロゾフ、ロイス、札幌グランドホテル、フランス製と、けっこう本格的なチョコばかりだな。こんなの都城のどこに売ってるんだろう。ミエル? 大丸?

 義理チョコばかりが世間を席巻しているけど、本来は、誰でも知っているように、本邦において、バレンタインのチョコって、内気な女性の愛の告白のためにものとされている。そして、そういう本来の使い方として用いられているチョコもごくわずかには、あると思う。相思相愛の関係だったが、お互い奥手で言い出せず、でもバレンタインデーで勇気を出して告白し、それが見事に実り、晴れて恋人の関係となる、世の中広いからそういうことを経験した若いカップルも、実際にいるのだろうな。おじさんとしては、うらやましく思うなり。

 そして、もしチョコに気持があるのなら、バレンタイン用のチョコとして生まれた以上、恋が成就するかどうかはともかくそういう本来の用い方に使われたいでしょうな。
 そういう甘酸っぱくも微笑ましい用い方とは縁がなく、義理チョコに使われるはめになった、このチョコたちにちょっと同情。

 …さて、このチョコどうしたものか。私はチョコレート食べないし。
 ふだん甘いものを貰ったら、職場の女の子たちに配るのだが、こればかりはその手は使えない。
 結局は、例年のごとく、職場の冷蔵庫に放り込んでいて、自然に誰かが食ってなくなるのを待つのみか。

|

« 読書:幕末史 半藤一利 著 | Main | イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) »

雑感」カテゴリの記事

土産」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土産@バレンタインデーの義理チョコ:

« 読書:幕末史 半藤一利 著 | Main | イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) »