« イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) | Main | 山の中のカレー屋@BEAR(阿蘇郡小国町) »

February 18, 2009

アルコール依存症の恐怖

 中川昭一氏が泥酔による醜態をさらしたことによって、財務相を辞任する羽目に陥った。各先進国の財政担当者トップが集まる場での会見が、国辱ものであり、国の威信を激しく損ねたというのがその理由のようである。
 …国辱ねえ。隣の大国ロシアにおいて、財務大臣どころか、国のトップである大統領が正真正銘のアル中であったのはそれほど昔の話ではないはず。

 アル中であろうが、なかろうが、仕事をきちんとやれればべつにいいように思うけど。今度のG7での中川氏の働きがろくでもないものであったのならいざ知らず、その面の話は聞こえてこず、たかがTV会見の失敗程度で、まだ若い前途のある政治家の政治生命を絶つのは感心しません。
 もっとも、泥酔してTV会見に出られない状態が分かっているのに、氏を会見に出す、周囲の者の危機管理能力のなさにはあきれます。もしかして周囲が止めるのを、本人がきかずに出演したというのなら、論外の話ではあるが。

 これはよく誤解されているけど、酒を止められずに、自分の健康・生活までを破壊するまで飲んでしまうアル中(正確にはアルコール依存症)は、本人の意思の弱さにより生じるものではなく、純粋なる病気なのである。
 アルコールを長年飲んでいるうち、脳のなかに何かのスイッチが入ってしまい、ONになってしまうと、飲酒を止めることができなくなってしまい、際限なく飲み続けてしまう。当人は飲みすぎて、他人に迷惑をかけることを自覚しており、そのことに反省・後悔をするものの、もはやスイッチが入ってしまっているので、制止することができない。
 この怖さは、吾妻ひでおや西原理恵子の漫画で、微にいり細にいり、克明に画かれており、私のような酒飲みは読んでいて、おそろしくなってしまう。

 酒を飲む人はたくさんいるけど、多量に飲めばアル中に必ずなるというわけではなく、アル中になるかならないかは、運としかいいようのない、脳内のスイッチのONOFFにある。そのスイッチの入る確率は、4~5%というから、決して低い確率ではない。運悪くしてこのスイッチが入ると、悲惨な人生が待っているわけで、…酒って、けっこうこわいぜ。

 客観的に考えて、私は大酒飲みに分類される種類の人間なので、時限爆弾かかえて生きているようなものである。いや、もしかして知らずに、すでにアル中になっているのかもしれない。

 不安になり、ネットにある「久里浜式テスト」で自分のアル中度をチェックしてみる。
 …幸いながら、私はなんとかアル中にはなっていないようだ。

 とりあえず、安心して、これから飲みにでかけることにする。スイッチが入らぬことを祈りながら。
 酒ほど人生を豊かにしてくれるものもないとは思うが、その価値と同程度に付き合うのに厄介な存在なのである。

|

« イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) | Main | 山の中のカレー屋@BEAR(阿蘇郡小国町) »

時事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルコール依存症の恐怖:

« イタリア料理@リストランテ「星の空」(都城市菓子野町) | Main | 山の中のカレー屋@BEAR(阿蘇郡小国町) »