« 焼肉@薩貴亭(都城市牟田町) | Main | サシバ林道~金御岳公園~天ヶ峯林道 »

January 30, 2009

1月の一心鮨光洋

 今年初めて光洋にて食事。
 まずは、つまみから。
 ここはつまみのなかにトロの握りを出してくるのが定番だが、今日はなんだか、ゆったりと見せびらかすように柵を切り、自信満々といった風情で出してくる。これはすごい大トロなんだろうかと思って食べてみた。…たしかに質は高いが、たまげるほどのものではないなあ。
 聞けば、光洋がついに藤田水産のマグロの大トロを仕入れることが出来るようになったとのこと。ならば、これはその大トロか。藤田水産に自社の大トロを卸してよいと認められたわけで、それは店にとって大変名誉なことであるが、同時に店にとってはずいぶん負担のかかる話ではあるな。大トロって、東京でさえ、高すぎて本来の値段では出せず、店にとっては赤字になるネタなのに、まして宮崎では、その赤字になる東京なみの値段でも出せるわけもなく、経済的に覚悟のいることと思われる。
 若き店主の意気やよし。宮崎でマグロ文化を根付かせるためにもがんばってもらいたいものだ。客もサポートするゆえ。

 面白かったつまみをUP.。
【茹で団扇海老 このこ和え】
Fan

 店主がときどき出す実験的つまみ。
 個性が強くて、つければなんでも同じような味になってしまいそうな、このこであるが、ここで出てきてこのこは強いながらも非常に上品な味で、茹で海老の味を邪魔しない、ぎりぎりの味付けとなっている。
でも、別々に食べても、どちらも十分に美味いから、あえて和えなくとも思う。

【白魚卵とじ】
Whitebite

 宍道湖で獲れた白魚だそうだ。シャキシャキした食感の野菜、ほろ苦い白魚、豊かな味の卵、春の訪れを感じさせる料理。見た目も、材料もいいけど、出汁の旨みが前面に出すぎていて、バランスが微妙に悪いような。

 握りは、水イカ、コハダ、車海老、タラの白子、黒鯛、穴子など。
 いつものごとく、白シャリと赤シャリをタネによって使い分け、食味華やかな鮨である。

【穴子】
Conger

 穴子は今日は巻物の穴キュウで。穴子はもちろん、海苔の味もよいです。

 美味い鮨を食い、酒5合ほど飲んで、気持ちよく酔っ払う。
 今年も光洋でばりばり鮨を食おう。

【光洋の業務用車】
Car

 帰りは小雨が降っていたのと、私が最後の客だったので、駅まで送ってくれるという。御好意に甘え、業務用車にて駅へ。
 この車で仕入れをしてるんですね。ちょっと面白い体験。

|

« 焼肉@薩貴亭(都城市牟田町) | Main | サシバ林道~金御岳公園~天ヶ峯林道 »

寿司」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1月の一心鮨光洋:

« 焼肉@薩貴亭(都城市牟田町) | Main | サシバ林道~金御岳公園~天ヶ峯林道 »